June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

竿を交える 2017初夏 後編

いや〜ニイサン、ナイスバス!!

ってなわけで半ば諦め気味だった二人ですが、俄然やる気を取り戻し、今度は一転上流へ向かうことに。
源造さんは僕に気を遣ってくれて、三割減のキャスト。
そんな源造さんの期待に応えるべく、僕の方は三割増しでキャストしていくと・・・

チャ、チャ、チャ、ドバン!!

来ったーーーーー!
合わせもバッチリ決まってバトル突入。
グイグイ走る引きの強さにグッドサイズの予感!
暴れるバスをいなしながら、ボート縁まで寄せてきて見えた魚体は50UPもあるかも!?というような予想通りのグッドサイズ。

こいつは、バラしたくない!!



ニイサン、釣るよね〜
どんだけ〜
疑惑の48僉?

そうですか、そうですか。
やっぱりペラものですか!
はいはい、準備はいいですかバスさん。
ペラもの投げますよ。

・・・バスさん、ペラもの投げてますよ!

・・・だから、ペラもの投げてるじゃん!!

・・・ペラもの投げてんだろう!コノヤロー!!!

・・・はい、ドーン。


意地の一匹 43
ふぅ、やっと初バスいただきました。

いや〜良かった良かった。
これで気持ち良く早や上がりでラーメン食べに行けるわ。

竿を交える 2017初夏 前編

いや〜ここ最近のネット上を賑わす釣果報告、すごいっすね〜!
今ならウチ達でも釣れるんじゃね!?ってなことで行ってきました。
いつもの相方と。



D・D・Brothersのジジイの方(笑)こと源造さん。
今期ここまでの二人の釣果、合わせて1匹というダメダメっぷりを充分に発揮している二人ですが、片道2時間かけてやってきたこの場所。
つ・・・釣れるよね!?

期待と不安の入り混じる中、スタートフィッシング。
朝の良い時間帯にサクッと釣って、美味しいラーメンを食べて帰るプランだったのですが・・・え〜と、出船時(5時チョイ過ぎ)には既に太陽が燦々と。
今の時期ですと、4時にはもう結構明るいんですね。
ハイ、そんな訳でいきなり外した感がありますが、こんな時にこそ事件は起きるのです!

「うわ〜!!!!!」
ついに出ました、出しちゃいました!余裕の50UP。
しかも来たのは僕の方!!
そう、既に源造さんのブログを読んだ方はお判りでしょうが、推定55と言ったところのナイスサイズのボラが僕の足元でピチピチと!
実は僕、ボラアタックの瞬間を全く気付いていなかったので、目の前にある状況を理解するのに3秒ほどフリーズしてしまいました。
その後、あわててネットでボラを掬い放した時には、時すでに遅し!
僕の荷物と言う荷物が全てクッッッサイ、ローションまみれに・・・orz
って言うか、こんな事態になってしまったのなら、せめてボラの写真撮っておくんだった。

これで、いきなりやる気を削がれた訳ですが、逆にこれで釣らなければ一体何しに来たのか判らないと言うことで、気を取り直してキャスト・キャスト・キャスト!
キャスト・キャスト・キャスト!!
キャスト・キャスト・キャスト!!!
キャスト・キャスト・キャス・・・キャ・・・もう、ダメかもしれない。
途中すれ違ったトッパーさんから「1本釣れたけど、陽が上ってからは反応無い」という残念な報告まで。

ここまで約四時間、全くの無反応プラス既に太陽はギラギラと照り付け体力を消耗してきている二人。
ええ、ほぼほぼ諦めていましたよ。
出船場所まであとわずかというところまで戻って来たときでした。

「ガヴォン!」

源造さんのルアーが水中へと!!
すかさず源造さんが合わせを・・・合わせを・・・合わせを・・・「入れないのか〜い!」
よくトップの釣りは、ルアーが水中に消えてから一呼吸置いて合わせを入れると良いなんて話を聞きますが、この時のニイサン、三呼吸は間を空けたんじゃないかな!?
もしかして、これがジジイのテクですか!?(笑)
まあ、本人もまさか出るとは思ってなかったんだろうね。
しかしこの三呼吸の間が良かったのか、しっかりとバスを乗せてからはジジイの老練なテクで危うくなくキャッチ。



41
やるね〜ニイサン!

と、ここまで書いてきましたがドラマはまだまだ続くので、続きはまた後日。
See you next time.
バイバイ

そうだ、激流へ行こう!

ぽっと空いた時間を利用して急遽、今期カヤック2戦目へ行ってきました。
向った先は北関東激流リバー。
前回はパスしたここですが、源造さんのビックワンが目に焼き付いてしまい・・・辛抱堪らん!!
そんな訳で、夕まずめ狙いの15:00出船となりました。



う〜ん、前日・前々日の雨の影響でしょうか、水位も高く、以前カヤックを出した時より流れがキツイな〜
多少躊躇しましたが、「無理!」という程の流れではなかったし、とりあえずやってみて無理と感じたら、早々と引き上げればいいかとスタート。
濁りも結構キツイな〜
それに加え、綿、わた、ワチャ〜!
この綿が浮いていると、「状況的にはかなり厳しいんだよね〜」とゆうさんが以前言っていたな!!



さっすがゆうさん、ゆうさんの指摘通り全く何事も無く終了となりました。(泣)

GW物語2017

どもども、ご無沙汰しております。
いや〜生きてますよ。

生きていますし、ブログも書きたかったのですが、実は管理者ページがバグっていて更新が出来ないでいました。
というか、今現在もバグは改善されてはいないのですが、不便ながらどうにか更新できる方法を見つけ出しましたので、久々の更新となりました。
はい、そんな訳で一か月近く前のネタになるんですが、早速本題へと。

今年もゴールデンウィーク恒例の早朝特訓へと行ってきました。
ちなみに今期初カヤックね!
向った先は、『桜の綺麗なあの池』です。



実は、場所選びにはかなり悩みました。
第一候補は『デルデカ』だったのですが、前々日に下見に行ってみると未だ水位が回復しておらず、水深40僂猟豸え状態。
これでは勝負にならんでしょう!と言うことで却下。
第二候補は数日前に源造ニイサンがミラクルを呼び起こした激流リバー。
激流リバーと言うものの、この時期水位が上がってくればカヤックでも充分釣りになるのは実証済み。
しかし一つ大問題があり、メジャーな場所ですのでボートもかなりの数出ているんですよ。
中にはカヤックの事など気にせず、結構な引き波を起こして走り去っていくボートもいて、以前転覆もチラつくような恐怖を味わったこともあり、う〜ん・・・却下。
となると、残るは『デレデカ』か『桜の綺麗なあの池&近くの雰囲気だけは最高な池』になるんですが、『桜の綺麗なあの池』は近年ひし藻の大繁殖が恒例で、この時期を逃してしまうと釣りにならない状態ですので「行くなら今でしょ!」と言うことで、ここに決定となりました。
でもね〜正直釣れる気はしないんですよね〜
先程言ったように、ひし藻が大繁殖する影響で酸欠状態になっているのか、魚類の大量死がここ数年発生しているんですよね。
昨年も大量の鯉・鮒・バスが死んでいるのを実際に確認もしています。
でも、そのおかげで釣り人は減っているっていう面もあるので、そう言った意味ではプラス材料かな!?

6:30釣行スタート。
早朝特訓と言っておきながら、ぬるい時間からのスタートはご愛嬌!
先行者はカヤック1艇、オカッパリ2人と予想通りの過疎っぷり。
ひし藻もまだ、どうにか水面までたどり着いた程度で釣りには影響なし。
水も悪くない状態とくりゃあ、「釣れちゃうんじゃね!!」



へぇ〜黒鳥の雛って白いんだね。
そしてやっぱり釣れないんだね。(泣)

竿を交える 2017初春(開幕戦)

どーもーD・D・Brothersのメガネの方ことエレクトです。
本業の方も一通り大きな現場は無事に終えることが出来、2017シーズンもいよいよ開幕です。
ところで今シーズンのX−DAYはネット上でもそれ程話題になっていなかったですが、皆さんどうでした?
って言うか、この日がX−DAYと言えるような日が無かったですよね。
そんなこんなで気付けば今シーズンは開幕戦が4月になった訳ですが、行ってきました!
相方はもちろん、D・D・Brothersのジジイの方(笑)こと源造さんです。
向かった先は通称『デレデカ』。



注)↑画像は2R目の場所で撮りました。
何故源造さんのライジャケが膨張しているのか気になる方は↓からどうぞ。

こちら



・・・って、とばないんですけどね。(一度やりたかったんですよコレ)
リンクより源造さんのブログへどうぞ。

話しは戻りまして、ではデレデカにてフィッシングスタート!
生命感もあるし(おそらく鯉)期待胸いっぱいで、まずは源造一押しポイントへ。
う〜ん・・・何にも起こらずスルー。
つづいてエレクト一押しポイントへ。
すると・・・ここも何事も無くあっさりスルー。
この時点から嫌な空気が流れ、「あれ、今回も安定の完全試合!?」と言う言葉よぎったときでした。
僕のスライドペンシルに待望の初バイトが!!
しかし完全に予期せぬ場所でのバイトで、しかも今期初バイトということもあり、チョコンというカワイイつっつきバイトに思わずフルフッキングをかましてしまい、当然「乗らないよね〜」。
しかしこれで嫌な空気は完全に拭い去り、二人して黙々とキャストを続けていくと・・・何事も無く一週目終了。
このままここでねばっても期待薄でしょうということで意見が一致した二人は、ここで移動を決意。

途中で昼食を取り、第二候補地へ向かったのですが、そこには多数のカヤックが!!
釣りのカヤックではなかったのですが、さすがにここに入り込んで釣りをするのはね〜ということで、ここは早々と退却。
で、次に向かった第三候補地は水位がどれほどあるのかが心配であったのですが、着いてビックリ、超イキフングンバツ!
しかも先行者0とくりゃあ、「これは釣れちゃうでしょ!」と意気揚々にスタート。
・・・え〜と、とりあえず上りながら撃っていき何事も無く折り返して、もうゴールも意識するところまで戻ってきたときでした。
結構ボートポジションが離れている所からハング下(枯れ木下)へキャスト。
僕レベルになると当然、枝にラインが絡むよね〜。
で、ちょうちんで出たことないんだよな〜などと思いながらチョンチョンと動かすと・・・「ドッファー!!」
で、出たーーー。
あわてて合わせを入れると、「乗ったー」
しかしラインは枝に絡まったまま!
ヤバい。
ヤバい。
ヤバい。
ああ〜orz

開幕戦でホームランが打てるほどトップは甘くねえっす(涙)
12345>|next>>
pagetop