April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

竿を交える 2017初春(開幕戦)

どーもーD・D・Brothersのメガネの方ことエレクトです。
本業の方も一通り大きな現場は無事に終えることが出来、2017シーズンもいよいよ開幕です。
ところで今シーズンのX−DAYはネット上でもそれ程話題になっていなかったですが、皆さんどうでした?
って言うか、この日がX−DAYと言えるような日が無かったですよね。
そんなこんなで気付けば今シーズンは開幕戦が4月になった訳ですが、行ってきました!
相方はもちろん、D・D・Brothersのジジイの方(笑)こと源造さんです。
向かった先は通称『デレデカ』。



注)↑画像は2R目の場所で撮りました。
何故源造さんのライジャケが膨張しているのか気になる方は↓からどうぞ。

こちら



・・・って、とばないんですけどね。(一度やりたかったんですよコレ)
リンクより源造さんのブログへどうぞ。

話しは戻りまして、ではデレデカにてフィッシングスタート!
生命感もあるし(おそらく鯉)期待胸いっぱいで、まずは源造一押しポイントへ。
う〜ん・・・何にも起こらずスルー。
つづいてエレクト一押しポイントへ。
すると・・・ここも何事も無くあっさりスルー。
この時点から嫌な空気が流れ、「あれ、今回も安定の完全試合!?」と言う言葉よぎったときでした。
僕のスライドペンシルに待望の初バイトが!!
しかし完全に予期せぬ場所でのバイトで、しかも今期初バイトということもあり、チョコンというカワイイつっつきバイトに思わずフルフッキングをかましてしまい、当然「乗らないよね〜」。
しかしこれで嫌な空気は完全に拭い去り、二人して黙々とキャストを続けていくと・・・何事も無く一週目終了。
このままここでねばっても期待薄でしょうということで意見が一致した二人は、ここで移動を決意。

途中で昼食を取り、第二候補地へ向かったのですが、そこには多数のカヤックが!!
釣りのカヤックではなかったのですが、さすがにここに入り込んで釣りをするのはね〜ということで、ここは早々と退却。
で、次に向かった第三候補地は水位がどれほどあるのかが心配であったのですが、着いてビックリ、超イキフングンバツ!
しかも先行者0とくりゃあ、「これは釣れちゃうでしょ!」と意気揚々にスタート。
・・・え〜と、とりあえず上りながら撃っていき何事も無く折り返して、もうゴールも意識するところまで戻ってきたときでした。
結構ボートポジションが離れている所からハング下(枯れ木下)へキャスト。
僕レベルになると当然、枝にラインが絡むよね〜。
で、ちょうちんで出たことないんだよな〜などと思いながらチョンチョンと動かすと・・・「ドッファー!!」
で、出たーーー。
あわてて合わせを入れると、「乗ったー」
しかしラインは枝に絡まったまま!
ヤバい。
ヤバい。
ヤバい。
ああ〜orz

開幕戦でホームランが打てるほどトップは甘くねえっす(涙)

いつも心に花束を

どうも〜生きてます。
・・・白髪はだいぶ増えましたが!

ええ、タフな現場でした。
肉体的にも精神的にもかなり削られましたが、「ええ、生きています。」
どうにか先が見えて、やっと余裕を取り戻すことが出来ましたので、久しぶりの更新です。

どうにか自我を保つため、現場以外の事を考える時間を作るため、少し前に今年2コ目のルアー買いました。
そう、いつも心に花束を忘れぬよう!!



ブライトリバー『ガルボ』ロボット別注モデル

光の加減の違いによる影響で、お店のホームページで見た色と結構違う色合いなのには驚きましたが、まあこれはこれでアリだな。

実は以前、どなたのブログであったかは忘れてしまいましたが、ガルボの動きが素晴らしいと絶賛している記事を読んで以来、ずっと気になっていたルアーでした。
また、どんな動きをするんだろうかと想像力を刺激する形状・パーツもポイントでしたね。

で、届いてビックリ。
結構ボリュームのあるボディー特にヘッド部に更なる刺激を受けて「釣りに行きてー!!」
・・・でも今月中は無理だろうな(泣)

麺童 豊香(ほうか)

今日からしばらくは溜まっているラーメンネタをコツコツ更新していく予定。
何せこちらのお店も最後に訪問したのは去年の11月の話だということは、ここだけの・・・

はい、今回ご紹介するのは小山市の『豊香』さん。
僕の小山市のラーメン店のなかで一番のお気に入り店です・・・いや、正確には「でした」ですね。(去年の春くらいまでは)
というのも、去年の春くらいを境にスープの油分が変わった気がするんですよね〜


淡麗中華そば 醤油 730円

栃木市の名店HOMEさんと同じく『麒麟児』さんで修業されたらしく、そのスッキリと澄んだ中に鶏の旨味が凝縮されたスープはまさにHOMEさんに引けを取らない絶品スープでした。
その味が、行列に並ばずに、気軽に食べに行けたという点で一番のお気に入りでした。
しかし、その行列が出来ないことに焦ったんですかネ?
前々回に訪問した際は、鶏の油が表面にたっぷりと浮かび、醤油分も濃くなり、あの澄んだ絶品スープが・・・
流行りのこってり系を多少意識してしまったんでしょうか?
それともたまたま、もしくは自分の舌がバカだっただけ?
とにかくがっかりして、しばらく離れていました。
で、半年ほどインターバルを空け、再び訪問すると出てきたのが画像のようなラーメンです。(画像はその後再度訪れた際のもの)
一時のテカテカ表面の油分はだいぶ抑えられた感じですが、一番良かったころのスープと比べると・・・醤油もまだ濃く感じますが、それでも美味い!
ハッキリ言ってこれでも充分美味いんですよ!
でも、あの頃のはもっと美味かったんですよね〜
それとも思い出を美化しすぎなのかな〜?

中毒指数☆☆☆★星3つ半(ちなみにピーク時のときのは星4つは堅いかな)

またそのうち様子を見に行ってみましょう。

移りゆくもの、変わらないもの。

そう言えば、新年初更新まだでしたね・・・
ってなわけで、新年明けきっておめでとうございます。(笑)
本年も宜しくお願い致します。

いや〜ラーメンネタは溜まっているんですが、新年一発目の更新はやっぱり釣りネタが良いなと思っていたら、こんなに空いてしまいました。
決してサボっていた訳ではありませんよ!
ただただネタが無かっただけです!

では早速新年一発目のネタを。
新年一発目のネタと言えば福袋ネタ!
そう、今年も・・・今年も・・・今年も・・・買いませんでした。
正直、去年・本年とここ2年は心惹かれる福袋が無いんですよね〜
ので今年の初買いルアーはこいつ↓となりました。



パラノイア『ナッド供
もちろん某オークション品になります。

いや〜あのナッド兇まさかの5250円で落札出来ちゃいました。
状態もうっすらスレがある程度で、中古としては上物じゃないですかね。
この価格には時代の移り変わりを感じ、しんみりしちゃいますな〜

でも、このカッコ良さは不変だね!!

アルバトロス

早速ですが前回の予告通り、トミーズルアー『アルバトロス』の使用レポートを今回は書いてみようと思います。

僕がトミーさんよりアルバトロスを託されたのが、今年の4月のことです。
そこから今シーズン、毎釣行必ずアルバトロスを投げてきました。(だいたい一投目に投げることが多かったかな)
東日本のマザーレイクだったり北関東の激流タフリバーだったり超クリアレイクだったり、小規模野池だったりと様々なシチュエーションで投げてきました。
そんな中で気付いたこと、感じたことをつらつらと書いていこうかと思います。

まず初めに、一番最初にアルバトロスを投げて感じたことは「面白っ!!」です。
そもそも僕は操作系のルアーが大好きなので、ペンシルは特に大好きなカテゴリーなんですが、そんな僕が今まで投げてきたペンシルの中でもベスト3に入る素晴らしさです。
いやいや、ホントお世辞抜きで!
まず何よりスケーティング性能が素晴らしい。
一発目から気持ち良く滑り出してくれます。
ですからスローにも使えるし、テンポ良くも泳がせられる。
そしてテンポ良く泳がせているときに、突如「グリンッ」とアクションが破たんするときがあります。
これに関しては好き嫌いが解れるかもしれませんが、個人的にはこれが逆に良いと思ってます。
スケーティングだけですとどうしても単調になってしまいますが、このグリンッが良い意味でアクセントになり、またグリンッした時は一旦アクションを止め、良い『間』を作ることが出来るんですよね。
解り易く言うと「ツーーーツーーーツーツーーーツーーーツツーーーツーーグリンッ・・・・・ツーーーツーーツーーー」ってな感じです。
しかしトミーさんはよりスケーティング性能・操作性能を高めようと日々研究しているようなんですよ。
個人的にはこれぐらいのじゃじゃ馬っぷりは味として残してほしいんですがどうなんでしょう?

次に感じてくることはキャスト時の飛行姿勢と言いますか、とにかく真っ直ぐに飛んで行ってくれること。
シンプルな円錐形?なデザインと、リアに入れてあるウェイトの作用が大きいのかな。
多少風が強いような状況でも風を突き破って飛んでいくと言うんですかね、とにかく真っ直ぐ飛んで行ってくれるので、ストレスフリーで投げられます。

あと結構意外というか、スナッグレス性能が意外に高いんですよね〜
多少水草があるようなところでも、すんなり泳いで帰って来てくれるんですよね〜
これもストレスフリーで使えて非常にありがたい。

更にあと一点。
多少流れがあるようなところでも、気持ち良く泳いでくれます。
さすがに激流で投げたときは流れに負けてアクションどころではなかったですが、エレキで上って行けるようなところでしたら問題なく使えますね。

と、まあこんなところが気付いた長所になるんですが、一方、短所はというと・・・これと言って無いんですよね〜
強いて言えば、トミーさんが唯一犯したミスと言えば・・・僕にルアーを預けてしまったことかな!!
年間4匹しかつらないポンコツ野郎にテストさせることが、そもそも大きな過ちです。
以上、トミーさんアルバトロスのテスト報告こんな感じですが如何でしょう?
来シーズンこそ釣果報告を出来るよう、投げ続けますね。



では、今年も当ブログにコメントしてくれた皆さん、たまに覗きに来てくれている皆さんありがとうございました。
来シーズンも、ボチボチと釣らない釣りブログを更新していくつもりですので今後とも宜しくお願いします。
では皆さん、良いお年を!!
12345>|next>>
pagetop