April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

北関東スタイル釣行

先日の日曜日、シトシト雨が降る絶好の釣り日和に居ても立っても居られず、今シーズン初のカヤック単独釣行へと行ってきました。
居ても立っても居られなくなった理由には、インスタに日々上がってくる釣果報告を目の当たりにしていたら「オレでも釣れんじゃね?」と思わされたのも大きな理由ですね。

所要の為、朝まずめは逃したものの、ローライトなコンディションですからチャンスはまだまだあるでしょう!?と意気揚々と向った先は『BIG・Pond』。
本来だったら、今季好調とのウワサが絶たないB沼(ま〜個人的にはここで釣れたことないんですけどね)へアタックしたいところなんですが、先ほども言ったように朝一から行けないので、おそらく普段から釣り人密度の濃いB沼は入り込む余地が無いかなと切り捨て、一目散にBIG・Pondへ。
7:45現地着。



あれ?
B沼程ではないにしろ、こちらも人気の場所であるのに、先行者カヤック1名のみ。
果たしてこれは幸運の兆しなのか?それとも・・・

先行者は池の真反対に浮いておりライバルはほぼ皆無という状況ですので、エントリーポイントから丁寧に丁寧にじっくりと攻めていきます。
ペンシル、ポッパー、スイッシャーと手を変え品を変え攻めていくと・・・はい、何事も無く一周終了。

実はこの池、以前にも書きましたが、ここ数年夏場になるとヒシが大繁殖して、酸欠による魚類の大量死が起こっていました。
その影響で池のコンディション(魚の密度)が回復していないのかな?
だから釣り人も激減しているのだろうと考えると、ここで二週目に突入するのは悪策だなと考え移動を決意。

ならばと、移動先に据えたのは『デルデカ』。
行けば何かしらの反応はあるし、今季の状態を早めに確認しておきたいので!

・・・あれ?あんな良さそうなエリアがこんなところにあったんだ!!
デルデカに向かう途中に、某メジャー河川の雰囲気の良いエリアを発見してしまい寄り道していくことに。



まさにカヤック向けなエリアで、雰囲気も申し分ない!
ただし、この時期だけ堰を止めて出来るエリアのようなので、一体どれほどのバスがいるのかは不安要素が残るところである。

オーバーハングエリア、竹エリア、テトラエリア、土壁エリア、流れの当たるエリア、反転流エリアと河川ならではの変化の多さに期待も膨らみ、黙々と打ち続けました。
ペンシル、ポッパー、スイッシャーと手を変え品を変え攻めていくと・・・はい、何事も無く一通り終了。

初場所でこのまま粘るのは悪策だなと考え移動を決意。
おとなしく『デルデカ』へ向かうことに。
すると、自分が釣りをしていたところより下流側に一人のバサーを発見。
ここの情報を得ようと話しかけてみると、以下のような貴重な情報をゲット。
.丱垢呂い襦ただしサイズには期待できない。
魚影も薄く地元でもバサーには人気のないエリアである。
8颪竜影は濃く、もう少し暖かくなると鯉師で一杯になる。
なるほど〜状況を見ながらあと2,3回は来てみますか!

で、昼飯抜きで3ラン目『デルデカ』14:20スタート。



・・・スンッ
あっ ルアーが無い・・・って、マジか!?
あわてて合わせを入れるも、全く重みも感じず「やっちまった〜」。
開始3投目の出来事で、完全に油断しておりました。
油断していたのにはこんな理由も。
実はこの日の水位約30僉
パドルをいつも通りに漕ぐと湖底?池底?水たまり底?に着いてしまう状態だったので、完全諦め状態だったのです。
そんな精神状態時に反応出来る訳も無く・・・

しかしこの日初の魚からの反応に、俄然やる気は回復!
過去、反応があったエリアを重点的に攻めていきます。
ペンシル、ポッパー、スイッシャーと手を変え品を変え攻めていくと・・・まさかの先程バイトのあった全く同じ場所で猛烈バイト。
今度はバッチリ反応して合わせを入れると・・・乗ったー!!と重みを感じた次の瞬間に、フッ・・・
「ぎゃあああー」
ええ、マジで生まれたとき以来に「ぎゃあああー」と叫んでいましたよ。
これにはさすがに立ち直れず、ゲームオーバー。

しかしどうしてこうも僕だけこんなに釣れないのだろう?
そういう星の下に生まれてしまった定めなのか?
とりあえず、フィールド状況が悪いと言っておきますか!
フィールドのせいにすればOK的な北関東スタイルから早く卒業したいものです。



本日の釣果
2バイト0フィッシュ1バイブレーション
※インスタのほうでは1メタルバイブと記載しましたが、よくよく確認したらプラだった(笑)
まあ、それぐらいバラして動揺していたんでしょうね。

竿を交える 2018初春(開幕戦)

いや〜気付けばもうすっかり春ですね。
皆さん、釣り行ってます?
僕はと言うと、そこそこに行ってはいるんですが・・・といっても、オカッパリ60分一本勝負なんですが、ええ、安定のノーフィッシュ更新中です。
GROに先週はフル出勤したのですが、1バイトのみ!
しかも、今にして良く考えると、おそらくズーナマだったのではないかな?
Wスイッシャーのスローなただ引きで乗らず!バイトは派手な吸い込み系!しかも数日後にバイトのあった場所の付近で悠々と泳ぐ巨大ズーナマの姿を確認したんです。

そんな訳で、インスタに日々あがる釣果報告に、こっちはストレス溜まりまくりです。
ですから、おそらく僕以上に溜まりまくっているであろうパンパンなあの方と連絡を取り、今シーズンの本格的な開幕戦へ行ってきました。



パンパンな源造さん。

で、そんな二人が向かった先は、北関東激流リバー。
先程言ったように、釣り欲にまみれた二人ですが、13:00スタートだったのはここだけの話しです。
まずはペンシルから!



続いてポッパー!

そろそろ反応が欲しいのでスイッシャー!

ならばとブレード系!

それともジョイント系!

以外にダーター?

・・・え〜と、一通り投げ切って終了。



本日の釣果
0バイト1フィッシュ・・・じゃなくて1クランク



ちなみにこのクランク、買取店に持っていったら、超激レアものだったらしく10万円の値が付きました!!

・・・ええ、ウソです。
4月1日の釣行だったので、どんなネタをぶち込もうか悩んだんですが、結局最後まで思いつかず、こんな締めになっちゃいました。

A Happy New Year in NZ Vol.02

では早速ですが、NZ探訪画像集の続きを。

NZと言えばアクティビティー大国!
ってなわけで・・・


アクティビティーと言えば、バンジージャンプ。
なんてたってバンジー発祥の地ですからね。
僕が飛んだかどうかは・・・ご想像にお任せします。




続いては、大自然を満喫!乗馬体験。
全く乗馬体験のないウチら家族に対し、極々基本的なこと、つまりストップ・ゴー・曲がり方のみを事前講習として5分間教えたのみで大自然へと送り出す、海外ならではのスーパールーズ安全対策には最初ビビりました。





こちらは『リュージュ』という乗り物系アクティビティー。
1枚目の画像で判るように、あんな厳ついオッサンから子供まで楽しめます。
乗り物とは言っても駆動源は重力。
しかし最高速度は時速50劼砲發覆襪箸!?
僕も子供たちをブッチぎって、楽しかったー!!

続いてのカテゴリーは『食』。


帰国一日前の最後の晩餐で行った、ちょっとお高いレストランでのラム料理。
焼いた後に煮込んでいるのかな?臭みは全く無くホロホロと口の中で溶けてしまう!
画像では解りづらいですが、ボリュームもあり、大満足の一品。
もちろんビールとの相性もバッチリ。


今回の旅で一番気に入ったビールがこちら↑『トゥイ』。
見た目と異なり、アルコール度数も苦味も少なく、ごくごくイケちゃう系!
もちろん、どんな料理にもバッチリ合います。
日本でも手に入るなら、また飲んでみたいな。




スーパーのビール売り場での一コマ。
ラベルがオシャレ!

最後に「ん?」とちょっと気になったモノを。
世界の民族資料館?的な場所でのツッコミどころ満載の展示品です。


『サムライ・ショーグン』・・・って、イヤイヤお前どう見ても家臣やろ!
しかも羽織を袴にinしないって、どんだけ現代人やねん。


『サムライ・スモー』・・・もうツッコミすらする気力が失せました。

とまあ、こんな感じでNZの旅を足早にご紹介しましたが、どうです?
興味を持たれました?
あと何十年後かにジジイになった時に、また行ってみたいなあと思う素敵な国でしたよ。
Thank you NZ.
See you NZ.

A Happy New Year in NZ

明けまして、おめでとうございます。
・・・「って今更かい!」というツッコミは置いといて、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

正月休み明けのゴチャゴチャと溜まってしまっていた仕事も、どうにか落ち着きました。
ですので、インスタを見てくれている方は既にご存じでありますが、実は先日の正月休みに家族旅行でニュージーランドへ行ってきた際の写真を整理したので、こちらでも旅の記録として掲載します。

まずは街並みから。


クイーンズタウン・・・「自然に囲まれた美しい街並みが女王様に御似合い」というのが名前の由来。
でも今では観光地化が進み、そこまででは・・・とは言うものの、日本にはない雰囲気のある美しい街並みです。
ちなみに、解りづらいですが、右側の行列(人だかり)は超人気ハンバーガ−店による行列です。
食べてみたかったのですが、一日中行列が途絶えることなく断念。


クイーンズタウンに掛かった虹


クイーンズタウンの宿からの景色。
この明るさで21:30ね!


アロータウン・・・小さな街で、お土産を中心としたショッピングを楽しめるところ。街の雰囲気はかなりGOOD!!


アロータウンでの一コマ。モデル、こーむす。


クライストチャーチ・・・2011年2月(東日本大震災の1ヵ月前)の大地震で最も被害の大きかった都市。いまだその爪跡は街のいたるところで見受けられる。
街のシンボルであった大聖堂もいまだ画像の状態である。

続いて、NZと言えば『大自然』。


中央にそびえるのが、『マウント・クック』。
NZで最高峰の山。


フッカーバレー・トレッキング。
クック山を前方に仰ぎ見ながらの、これぞザ・NZといった大自然を満喫できるトレッキング。


フッカーバレー・トレッキングの終着点がこの氷河湖。
氷河が溶けだして出来た湖で、氷河が溶けた水はこんな↑色をしているんだって。
ちなみに、当然水はキンキンに冷たいのですが、70前後位の西洋人のジイさんが突然服を脱ぎ出し、パンツ一丁で湖に入り出したのにはホント驚いた!!(これマジです)


こちらは一転、コバルトブルーの美しさで有名なテカポ湖。
画像はマウント・ジョンからの景色なんですが、これだとコバルトブルーの美しさが解りづらいですね。(汗)
水辺に立つと、その美しいコバルトブルーにはホント驚きますよ!


こちらは、マウント・ジョンでの一コマ。
いいですね〜この後姿!いったい何を考えているんでしょう?

とまあ、ここまで書きましたが、写真はまだまだあるので続きはまた後日。
しばしバイバイ。

トップウォータープラッキング2017まとめ

ムフフ・・・あっ ご無沙汰です。
早いもので、今年も残すところあとわずかですね。ムフフ・・・
ということで、毎年恒例のまとめ記事になります。

早速ですが、ムフフ・・・まず今年掲げていた目標なんですが、これは去年全く達成できなかった四大目標をそのまま継続。
ムフフ・・・
…牴命堯¬瓦2ケタ!!
⊆己記録(サイズ)更新!!
アラパイマジョイントで一匹!!
ぅ肇漾璽坤襯◆次悒▲襯丱肇蹈后戮念貮!!
になります。
特に釣果数2ケタは、完全トップのみに移行して10数年、目標に掲げてきましたが未だ達成出来ぬ悲願の目標。
「今年こそ!」という思いは、ムフフ・・・かなり強かったです!!ムフフ・・・

では集計に入りたいとムフフ・・・思います。

1匹目 6月 43僉.屮螢螢▲鵐肇蝓


2匹目 6月 38僉.競薛供淵┘譽ト改)


ムフフ・・・
3匹目 6月 40僉.競薛供淵┘譽ト改)


4匹目 6月 46僉.競薛供淵┘譽ト改)


5匹目 6月 22僉.競薛供淵┘譽ト改)
ムフフ・・・


6匹目 7月 31僉.Ε鵐競蕁淵┘譽ト改)


7匹目 7月 33僉.Ε鵐競蕁淵┘譽ト改)

ムフフ・・・

8匹目 ムフフ・・・ムフッ・ム・・ムムム・ムッフーーーー
あれーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?

正直、今シーズンから投入したヘドンルアーの快進撃があったので、今シーズンは遂にいったでしょう!と思っていたのですが・・・マジか!?
「ムフフ・・・」と言って浮かれてたのが恥ずかしいわ!!

ってなわけで、今シーズンも四大目標全て不達成という不甲斐ない結果に(汗)
っていうか、ヘドンルアー投入していなかったら一体どんな結果になっていたのか、想像しただけで吐きそうです。

と、まあ、今シーズンも相変わらずな僕らしい釣らなさっぷりを披露したわけですが、こんな釣らない釣りブログにお付き合いいただいている皆さん、今年も訪問、またコメントを頂きありがとうございました。
更新回数がかなり減って来ていますが、それでも本ブログを止めようとは微塵も思っていませんので、今後もどうぞ宜しくお願い致します。
では皆さん、来年も良いお年を!!
そして良いトップウォーターライフを!!
12345>|next>>
pagetop