June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

コンセントに潜む危険性

ここ最近、当ブログへのアクセス解析では「コンセント 熱い」「コンセント 溶ける」といったものが検索ワードランキングで上位を占めています。
てなわけで、今回は久しぶりに僕が生業としている電気工事士としての観点から、コンセント使用に於ける危険点を解説したいと思います。

まずは、皆さんも良く耳にするであろう「漏電」について。
簡単に説明しますと「コンセントやケーブル、機器に流れている電気が何かの原因で漏れだし、水や金属などを伝い大地へ流れ出すこと」です。
原因としましては経験じょう一般住宅の場合、台所回りでの油汚れによるものが結構多いですね。
その他やはり洗面所などの水廻りや屋外のコンセント(風雨による)なども多いです。
「漏電」に関しましては現在、漏電ブレーカ―が広く普及していますので、漏電発生時には漏電ブレーカーが作動し電気を遮断してくれますので危険性は低いと思います。
しかし、漏電ブレーカ―は故障することもありますので、年1回はテストボタンによる動作チェックをお忘れなく!!

次の項目に行く前に1つ小話を。
よく新聞やテレビなどで「漏電が原因による火災」なる報道を目にしませんか?
先程、漏電ブレーカ―が広く普及していると説明していたのにおかしくない?と思いますよね。
実はこれ、漏電とは異なる異常が原因の火災でも「漏電が原因による火災」とひとまとめにされ報道されていると思います。
なぜかと言うと、事項より説明することが原因での火災という報道はほとんど目にしないからです。
実はこの誤解がちょっと危険なんですよ!!
というのも、「うちは漏電ブレーカ―がちゃんと付いているから安全だ」と思い込んでいるお客様がたまにいらっしゃるからです。
では、事項より詳しく説明したいと思います。

次に説明するのは「トラッキング現象」について。
実は火災の原因は、これが1番多いのではないかと思ってます。
説明いたしますと、コンセントの差込口へプラグを差し込んである接続点にホコリが溜まり、火花が出て出火することです。(厳密にいうと、溜まったホコリが水分を含むと)
冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどコンセントへ接続しっぱなしの機器で、特に大型家電の裏など直接目につかない場所にあるコンセントで発生率が高いです。
この現象は「漏電」ではなく「短絡」(解り易くいうとショート)とい現象ですので、当然漏電ブレーカーは作動しません。
ここ↑が重要なんです。
この危機を回避するには、単純に掃除をすることが一番でしょう。
そうそうホコリも溜まるものではないので、年1回きちんと掃除していれば十分ではないかなと思います。

次は接続不良について。
古いコンセントなんかだと、プラグを差し込んでもゆるゆるなものがたまにありますよね。
実はこれも相当危険なことです。
ゆるゆるであるということは正常に接続されていないということですので、電気がスムーズに流れません。
つまりそこが「抵抗」となり発熱し延焼することがあります。
当然こちらも漏電ブレーカーは作動しませんので、ゆるゆるだなと思ったらコンセントを交換することをお勧めします。

続きましては「過負荷」について。
普通一般的に使われている1個のコンセントの許容電流は15Aになります。
それに対し、一般的に使われている安全ブレーカーの作動電流は20Aとなっています。
つまり、1個のコンセントで許容電流を超える18Aの電気が流れても安全ブレーカーは作動しません。
その結果、コンセントは発熱し延焼することがあります。
当然こちらも漏電ブレーカーは作動しません。
こちらの現象に関しては、以前記事を書いていますので詳しくはそちらを参照ください。

最後に「コードのねじれ」について。
機器からの電源コードをねじれたまま使いますと発熱、延焼の可能性があります。
解り易く説明すると、ホースを思い浮かべてください。
ねじれていると、スムーズに水が流れませんよね。
またホースが重いものでつぶされていると、やはり水が流れませんよね。
当然電気も同じことになります。
その結果先ほども言いましたが、電気がスムーズに流れないということは、そこが「抵抗」となり発熱し延焼することになります。

以上、自分の経験などから解り易く説明したつもりです。
最後に教訓を一つ
『たかがコンセント されどコンセント』

義務を務める

いやーお久しぶりになってしまいましたね。
おかげさまでこの時期はホント忙しいんですが、仕事以外の予定も色々と入ってきてもう「なるようになれ!!」と半ば投げやりな感じで手帳とにらめっこしています。

その仕事以外の予定の1つというのが新年会です。
先々週の土曜日が地元の友人達との新年会、先週の土曜日が商工会青年部の新年会、今週の土曜日が電気工事組合青年部の新年会、来週の土曜日がお世話になっている工務店様の新年会という具合に毎週必ず新年会が入っているスケジュールになっています。
まーそういった酒の場は嫌いではない・・・というかむしろ好きなので苦痛ではないんですが。

そんな仕事・新年会の他に講習会の予定まで入ってきて、先日行ってきました。
その講習会というのは「第一種電気工事士定期講習会」です。
第一種電気工事士は5年に1度、この定期講習を受ける義務があります。(受けないと資格の剥奪もあります)
下の画像はそのときの様子になります。


注)講習が始まる前の様子です。

今回は約180名(栃木県会場で)といつもより多めであったそうです。
ということは、栃木県には約800名前後程度の第一種電気工事士がいるってことなんですかね?
因みに第二種電気工事士という資格もあります。
こちらは、講習会を受ける義務はありません。
資格の区分を簡単に説明しますと、第二種電気工事士は工場や会社・家庭で使われている低圧(100V、200V)の工事をすることが出来ます。
第一種電気工事士はそれに加えて、高圧の自家用変電所(キュービクル)などの仕事をすることが出来ます。
高圧の仕事には死亡事故などの大きな危険が伴いますので、より多く・より新しい知識が必要であるので5年に1度の講習会が必要なんです。
とは言えいつも思うのですが、この忙しい時期に講習会を設定しなくてもいいのでは・・・
電気工事士の皆さんが思っていることでしょうが、春頃の開催とか出来ないのでしょうかね?

省エネ化 省エネか?

 ここしばらく土日は、ある会社の照明器具交換工事をしていました。

僕の住む市では中規模程度の会社になります。
この会社の事務所棟の照明器具を全てLEDへと交換すると同時に、スイッチの数を増やしより細かい系統ごとに入切出来るようにする工事でした。



今回はじめて、ベースライト40W2灯用直付逆富士形(一般的な事務所で使われている形)のLED器具を扱いましたが明るいですね。
(上の画像は交換後のものですが、明るさが伝わりにくいですね・・・反省)

交換前と比べると1.5倍(言いすぎかな?)くらい明るくなった気がします。
まっ、もと付いていた器具(ランプ)は埃などが付着しているので、本当の明るさより1割程度はダウンしていたと思いますが、それを考えたとしても1.2倍くらいは明るくなったのではと思います。
(メーカー公表の能力で言うと同等か、気持ち明るいかな程度のはずなんですが)

ついでにメーカー公表の数値で言いますと、消費電力は約40%削減になります。
また、ランプ寿命は約3.5倍になります。
それらをふまえると、ランニングコストも約40%減になるそうです。
販売価格も落ち着いてきましたので、今が換え時かもしれませんね。

あと今回行なったスイッチの増設工事も省エネでは大切な工事(むしろこちらのほうが重要)だと思います。
今回のお客様も言われてましたが、スイッチの系統上消したくても消せない部分が結構あるとのことでした。
ですので、以前はあまり必要がない場所のランプを抜いていたそうです。
が、急にその場所で作業をすることになったとき、今度は暗くてあわててランプを取付けたそうです。
で、結局そのままランプは付けたままになってしまったとのこと。

同じ経験をされた方も結構いるんじゃないですか?
一般的な事務所のつくりであれば、それほど費用をかけずにスイッチを増やす工事は出来ると思いますので、ぜひ電気工事店に御相談してみてください。

照明器具の省エネ話ついでに言うと、一般家庭で使われている直付器具にアルミホイルを取付けている方が最近結構いらっしゃいますよね。
テレビ等で紹介される節約術の一つですが、僕から言わせてもらうと注意が必要です。
直付照明器具のほとんどには、安定器やインバーターといった物が取付けられています。(金属製の細長い箱状のものがほとんどです)
これらは点灯時、熱を持ちます。
つまり放熱しているのです。
が、アルミホイルで包まれてしまうことにより放熱が充分に行えない状況になってしまっていると僕は考えています。
実は最近、「照明が付かない」との修理依頼を受けた2件のお客様のどちらもが安定器の故障だったのですが、どちらのお客様もアルミホイルを取付けていたのです。
長年使っていれば安定器は壊れる物ですが、多少の原因になっているのではと考えています。
ですからアルミホイルを付ける場合は、安定器だけは包まないようにすることをお勧めします。

節約一転大損

久しぶりに仕事の話でも。

少し前の話ですが、「トイレの水が止まらなくなってしまった」との依頼を受け修理に伺いました。
このような修理依頼は結構多く、2,3ヶ月に1回程度あります。
その原因のほとんどがフロートバルブの不作動によるものです。



タンクの中、左側に見える白い玉がフロート(浮き)になります。
タンクの中に水が溜まりフロートが浮くことによってバルブが作動し、水が止まる仕組みになっています。
つまり、このフロートが何らかの理由で浮かばなくなってしまうと、バルブが作動せず水が止まらなくなってしまうのです。

では、なぜ浮かばなくなってしまうのかというと、最近多い事例ですと「水量節約のためにペットボトルを入れている」方が多いのですが、ペットボトルが邪魔をしてフロートが浮かばない場合が結構あります。
節約のためのペットボトルが逆に水の無駄遣いの原因になってしまうことがあるのです。
また、水量を減らすとトイレ詰まりの原因にもなりますので要注意です。

また、水が止まらなくなってしまう原因の1つに排水用の弁の不作動があります。
タンクの下に付いている弁で、この弁を持ち上げることによってタンクの中に溜まっている水が便器へと流れて行き、タンクが空になると弁が閉じて水が溜まる仕組みになっています。

最近では減りましたが、タンクに入れる芳香剤が原因でこの弁が閉じず、水が流れっぱなしになってしまうという事例が少し前には結構多かったですね。

いづれにせよ、水が止まらないのをすぐに気付けばいいですが、少しづつ流れていて気付かない場合もありますので注意が必要です。
結構前の話ですが、やはりトイレの水が少しづつ出ていたお客様がいました。
そのお客様の便器はタンクに手洗が付いていないタイプでしたので水が出ていたのに気付かずにいました。
その月の水道料がいつもの5倍にもなっていて驚いてうちに連絡してきました。
まっそのお客様はフロートバルブ自体の故障が原因でしたので、水道課と交渉し減免してもらえたのでよかったですが。

太陽熱温水器撤去工事

 久しぶりに仕事ネタで更新です。
といっても、工事をしたのは5ヶ月以上前ですが。
工事写真の整理をしていたら、出てきたのでUPします。

工事の内容ですが、「あの大地震の影響で、屋根上に載っていた太陽熱温水器が水漏れしてしまったので撤去してもらいたい。」とのことでした。
スレート屋根の塗り替えも考えているので、修理はせず撤去してしまうとのことでした。

現場状況は下画像になります。



パネルを外すと、下に古い鳥の巣がありました。
瓦屋根や鋼板葺き屋根と違い、スレート屋根は傷みやすいので、このような水分を含んだものがずっと接していると、さらに傷み易くなってしまうと思います。(現にその部分だけ変色していました)

また太陽熱温水器のほとんどは、屋根材に固定はしてありません。
ただ屋根上に置いてあるだけで、あとは吊り線で滑り落ちないようにしてあるだけです。
今回の御宅の吊り線は、ステンレス線で太さも充分なものを使っていたので、落下する心配はありませんでしたが、何十年も前に載せたものだと、ビニル被覆の鉄線を使っているものがあります。
この線では、経年劣化で断線して温水器が落下する恐れがあります。
また、使用してない温水器を屋根上に載せたままの方がいますが、温水器の中の水がなくなると、当然温水器の重量も軽くなり、台風のときなどに飛ばされる恐れもあります。

使わなくなった太陽熱温水器は、撤去することをお勧めいたします。

※太陽光発電のパネルはきちんと屋根材に固定してありますので、心配ありませんよ。
123>|next>>
pagetop