June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スキマ釣行

ぼちぼちブログも更新せねばと思いながら、放置プレーが続く当ブログ。
しかし、釣行記を書くと言うことは今後の釣りの為の大切なデータを残すという意味もあるので、重い腰を上げての更新です。

ここ最近のソロ・カヤック短時間釣行4回分をまとめてUP。
まずは5月の最終日曜日15:30からの3時間勝負。
向った先は北関東メジャーリバーの上流エリア。



ここは前回、べんぞうさんと初めて入った雰囲気だけは最高なアノ場所です。
前回来たときの濁りも取れていて、ますます何かが起こりそうな気配がプンプンするんですが!!

とりあえず、Wスイッシャーで手返しよく撃っていくと、チャラ瀬エリアで小魚が追われているのを確認。
すかさずルアーを投げるも、これには無反応。
しかし、これでバスが居るであろうことは確信へとなり、一投一投にもより気持ちがこもります。
そして遂にこの場所での初バイトが!
岸が凹み流れが澱んでいる場所へキャストが決まり、一呼吸置いてからの1アクション目でした。
ドッフ!
一瞬、ビクッと体が反応しましたがビックリ合わせは耐えました。
するとルアーは・・・何事も無かったように浮いている。
「ミスバイトかーい(泣)」とガックリ肩を落とし再度ルアーを動かすと・・・バフッ!
まさかのオ・イ・グ・イ。
しかしこれも乗らず。
再びルアーを動かすと、4アクション目に再びバイト!・・・も、乗らず。
この時点で「おそらくズーナマだな」とは思っていました。
思っていましたが、「ズーナマでもいいから釣りたい!」と再アクションしたときには、ズーナマの気配も消えていました。

この日の釣果1バイト(ズーナマ)0フィッシュ。

続きまして、5月の最終日14:30からの4時間勝負。
前回入ったエリアの少し下流エリアです。



ここも最近見つけた場所なんですが、オカッパリさんも多くいるためカヤックで入るのを躊躇していました。
しかしこの日は平日のこの時間。
オカッパリ0でしたので、初アタック!

まずは何かあるならこっちだろうと考えていた上流側へ。
上りながら、いかにもな雰囲気な竹林側を「こりゃ出ちゃうね!」と意気揚々と打っていくと・・・全くの無反応。
上れるところまで上ったあとで、今度は下りながら逆側の、いつもオカッパリが入っているテトラ側をあまり期待せず撃ってくると・・・



釣れちゃった。
殺気が無かったのがよかったのかな?

他にも1バイトあり、下流側へと下る前にもう1周上流エリアを回ることに。
するとやはり、竹林側では無反応で、テトラ側でまたしても反応が!
しかし、サイズ小さいようでバイトも控えめで乗らなかったり、バラした1尾も30あるなしって感じ。
このままテトラ側を撃っていればまだ反応がありそうでしたが、このサイズ感では物足りず、下流エリアへ行ってみることに。
結構流れのきついエリアを「帰り上ってこれるかな?」と不安になりながらも撃ち下って行くと、上流エリアとはまた違った、いかにも川って感じのエリアが広がっていました。
先程までと雰囲気も変わり、新鮮な気持ちで撃ち進んでいくと・・・ええ、全く何も起こりません。
けど、「デカいの潜んでいるとすればきっとこっちだろうな?」と考えながら、エントリーポイント近くまで戻ってきた来たときでした。

着水後2アクション目・・・パゴッ!!と凄まじいバイト音と共にWスイッシャーが水中へ!
一呼吸置いてからビシッと合わせを入れると・・・乗ったー!!
しかも直後に反転して見えた魚体は、あきらかに先程までの子バスとは異なるサイズ感!
40UPもあるだろうその姿に「読みが当たったーウホッ」と浮かれた瞬間でした。

スンッ

・・・えっ?
「えーーーうそーーー」
20mほど離れたところにいたオカッパリさんが「何事か?」と振り返るほどの大きな声で叫んでしまいましたよ。
反転した際にフックオフしたようです(泣)

そんな千載一遇のチャンスを逃した僕に、当然その後は何事も起こるわけなく、ただただ静かに夕日が沈んでいきました。
この日の釣果5バイト1フィッシュ(30兌紂2バラシ。

つづきましては・・・といきたいところですが、予想以上に長文となったため続きはまた後日に。

竿を交える 2018仲春

GWいかがお過ごしいたしましたか?
釣り、行きました?
僕も以前から「行きましょう!」と言い合っていたブロ友のべんぞうさんと、念願の水面セッションに行ってきました!



軽自動車に無理やりカヤック2艇積んで準備も万端。
翌朝、早朝5時に我が家まで来ていただき、小汚い軽バンへと乗り換えてもらい、いざ出発。

向った先は『ビッグ・ポンド』。
いや〜場所選びには数日前から結構悩んだんですが、べんぞうさんが初カヤックでの釣りと言うこともあり、安全安心に釣り出来るここを第一候補に選びました。
あっ、釣れるかどうかは別としてね!



清めの儀式も終わり、進水式釣行いざスタート!
現在時刻AM6:00で先行者カヤック1名と2名乗りのゴムボが1艇。
まあ、これなら許容範囲でしょうと、べんぞうさん艇の後を追い湖面へ



出艇場所付近は葦エリアなのですが、この辺で過去に反応を貰ったことが無い僕は、どちらかといえばべんぞうさんの釣りに興味が移っており観察していると・・・攻める攻める!!
密集した葦エリアのわずかなスポットにも投げる!投げる!!
「この人、本気だ!」
そう感じ取った僕は、「ならば僕もなんとか釣らせたい!」と過去何度か反応を貰っているエリアを細かく説明し、重点的に狙って行ってもらうと・・・結果4バイト!!
しかしサイズが小さいのか、突っつくようなバイトで乗らなんだ〜
唯一僕にもあったバイトも同じようなバイトで、二週目に期待か!?なんて思っていると、次第に風が強くなってきた。
この時まだ10時前。
今の時期ですと、お昼前後位から風が吹き出すのは覚悟していたのですが、こんなに早く吹き出すとは予想外でした。
更には、僕たちの後続者に2名乗りのジョンボ、次にカヤック2艇、次に2名乗りのジョンボがもう1艇、次にまたまたカヤックが2艇と、おいおいおい!
さすがに風+人・人・人に心が折れて一周終わったところで移動を決意しました。

次に向かったのは初場所のこんなところ↓



場所選びに迷っていた数日前に、偶然見つけた場所。
とにかく雰囲気はバツグンな場所で、なおかつ風を避けられそうな場所でもあるので、べんぞうさんに見て判断してもらおうという魂胆。
すると、捨てワームを発見したことから「出してみよう!」ということで意見が一致。
ただ気になることが一点。
数日前来た時はクリアだった水が濁りに!
その結果・・・ま〜何にも無いよね。
そもそもバスいるのかな?
と、全くの初場所、しかも予備知識もほぼ皆無といった場所を案内する迷ガイドっぷりを充分に発揮してしまった。

やっちまった感満載のこの状況で、このあとどうするか悩んだ僕が導き出した答えは、「デルデカ見に行ってみます?」
過去の実績十分なデルデカは本来第一候補でもあったのですが、相変わらずの減水状態で平均水深30僂箸いΩ靴靴ぞ況が判ってはいたのですが、奇跡を信じて!!
・・・はい、奇跡なんて信じるものじゃないですね。
このとき既に13:00も過ぎていたので、この後は風も強くなるばかりですので、これにて閉幕。

せめてガイドとして一仕事しなければと最後に案内したラーメン屋さんでは、満足していただけたようで、ほっと胸をなで下ろしました。
ま〜あれですよ。終わりよければってヤツですよね(笑)。

北関東スタイル釣行

先日の日曜日、シトシト雨が降る絶好の釣り日和に居ても立っても居られず、今シーズン初のカヤック単独釣行へと行ってきました。
居ても立っても居られなくなった理由には、インスタに日々上がってくる釣果報告を目の当たりにしていたら「オレでも釣れんじゃね?」と思わされたのも大きな理由ですね。

所要の為、朝まずめは逃したものの、ローライトなコンディションですからチャンスはまだまだあるでしょう!?と意気揚々と向った先は『BIG・Pond』。
本来だったら、今季好調とのウワサが絶たないB沼(ま〜個人的にはここで釣れたことないんですけどね)へアタックしたいところなんですが、先ほども言ったように朝一から行けないので、おそらく普段から釣り人密度の濃いB沼は入り込む余地が無いかなと切り捨て、一目散にBIG・Pondへ。
7:45現地着。



あれ?
B沼程ではないにしろ、こちらも人気の場所であるのに、先行者カヤック1名のみ。
果たしてこれは幸運の兆しなのか?それとも・・・

先行者は池の真反対に浮いておりライバルはほぼ皆無という状況ですので、エントリーポイントから丁寧に丁寧にじっくりと攻めていきます。
ペンシル、ポッパー、スイッシャーと手を変え品を変え攻めていくと・・・はい、何事も無く一周終了。

実はこの池、以前にも書きましたが、ここ数年夏場になるとヒシが大繁殖して、酸欠による魚類の大量死が起こっていました。
その影響で池のコンディション(魚の密度)が回復していないのかな?
だから釣り人も激減しているのだろうと考えると、ここで二週目に突入するのは悪策だなと考え移動を決意。

ならばと、移動先に据えたのは『デルデカ』。
行けば何かしらの反応はあるし、今季の状態を早めに確認しておきたいので!

・・・あれ?あんな良さそうなエリアがこんなところにあったんだ!!
デルデカに向かう途中に、某メジャー河川の雰囲気の良いエリアを発見してしまい寄り道していくことに。



まさにカヤック向けなエリアで、雰囲気も申し分ない!
ただし、この時期だけ堰を止めて出来るエリアのようなので、一体どれほどのバスがいるのかは不安要素が残るところである。

オーバーハングエリア、竹エリア、テトラエリア、土壁エリア、流れの当たるエリア、反転流エリアと河川ならではの変化の多さに期待も膨らみ、黙々と打ち続けました。
ペンシル、ポッパー、スイッシャーと手を変え品を変え攻めていくと・・・はい、何事も無く一通り終了。

初場所でこのまま粘るのは悪策だなと考え移動を決意。
おとなしく『デルデカ』へ向かうことに。
すると、自分が釣りをしていたところより下流側に一人のバサーを発見。
ここの情報を得ようと話しかけてみると、以下のような貴重な情報をゲット。
.丱垢呂い襦ただしサイズには期待できない。
魚影も薄く地元でもバサーには人気のないエリアである。
8颪竜影は濃く、もう少し暖かくなると鯉師で一杯になる。
なるほど〜状況を見ながらあと2,3回は来てみますか!

で、昼飯抜きで3ラン目『デルデカ』14:20スタート。



・・・スンッ
あっ ルアーが無い・・・って、マジか!?
あわてて合わせを入れるも、全く重みも感じず「やっちまった〜」。
開始3投目の出来事で、完全に油断しておりました。
油断していたのにはこんな理由も。
実はこの日の水位約30僉
パドルをいつも通りに漕ぐと湖底?池底?水たまり底?に着いてしまう状態だったので、完全諦め状態だったのです。
そんな精神状態時に反応出来る訳も無く・・・

しかしこの日初の魚からの反応に、俄然やる気は回復!
過去、反応があったエリアを重点的に攻めていきます。
ペンシル、ポッパー、スイッシャーと手を変え品を変え攻めていくと・・・まさかの先程バイトのあった全く同じ場所で猛烈バイト。
今度はバッチリ反応して合わせを入れると・・・乗ったー!!と重みを感じた次の瞬間に、フッ・・・
「ぎゃあああー」
ええ、マジで生まれたとき以来に「ぎゃあああー」と叫んでいましたよ。
これにはさすがに立ち直れず、ゲームオーバー。

しかしどうしてこうも僕だけこんなに釣れないのだろう?
そういう星の下に生まれてしまった定めなのか?
とりあえず、フィールド状況が悪いと言っておきますか!
フィールドのせいにすればOK的な北関東スタイルから早く卒業したいものです。



本日の釣果
2バイト0フィッシュ1バイブレーション
※インスタのほうでは1メタルバイブと記載しましたが、よくよく確認したらプラだった(笑)
まあ、それぐらいバラして動揺していたんでしょうね。

竿を交える 2018初春(開幕戦)

いや〜気付けばもうすっかり春ですね。
皆さん、釣り行ってます?
僕はと言うと、そこそこに行ってはいるんですが・・・といっても、オカッパリ60分一本勝負なんですが、ええ、安定のノーフィッシュ更新中です。
GROに先週はフル出勤したのですが、1バイトのみ!
しかも、今にして良く考えると、おそらくズーナマだったのではないかな?
Wスイッシャーのスローなただ引きで乗らず!バイトは派手な吸い込み系!しかも数日後にバイトのあった場所の付近で悠々と泳ぐ巨大ズーナマの姿を確認したんです。

そんな訳で、インスタに日々あがる釣果報告に、こっちはストレス溜まりまくりです。
ですから、おそらく僕以上に溜まりまくっているであろうパンパンなあの方と連絡を取り、今シーズンの本格的な開幕戦へ行ってきました。



パンパンな源造さん。

で、そんな二人が向かった先は、北関東激流リバー。
先程言ったように、釣り欲にまみれた二人ですが、13:00スタートだったのはここだけの話しです。
まずはペンシルから!



続いてポッパー!

そろそろ反応が欲しいのでスイッシャー!

ならばとブレード系!

それともジョイント系!

以外にダーター?

・・・え〜と、一通り投げ切って終了。



本日の釣果
0バイト1フィッシュ・・・じゃなくて1クランク



ちなみにこのクランク、買取店に持っていったら、超激レアものだったらしく10万円の値が付きました!!

・・・ええ、ウソです。
4月1日の釣行だったので、どんなネタをぶち込もうか悩んだんですが、結局最後まで思いつかず、こんな締めになっちゃいました。

トップウォータープラッキング2017まとめ

ムフフ・・・あっ ご無沙汰です。
早いもので、今年も残すところあとわずかですね。ムフフ・・・
ということで、毎年恒例のまとめ記事になります。

早速ですが、ムフフ・・・まず今年掲げていた目標なんですが、これは去年全く達成できなかった四大目標をそのまま継続。
ムフフ・・・
…牴命堯¬瓦2ケタ!!
⊆己記録(サイズ)更新!!
アラパイマジョイントで一匹!!
ぅ肇漾璽坤襯◆次悒▲襯丱肇蹈后戮念貮!!
になります。
特に釣果数2ケタは、完全トップのみに移行して10数年、目標に掲げてきましたが未だ達成出来ぬ悲願の目標。
「今年こそ!」という思いは、ムフフ・・・かなり強かったです!!ムフフ・・・

では集計に入りたいとムフフ・・・思います。

1匹目 6月 43僉.屮螢螢▲鵐肇蝓


2匹目 6月 38僉.競薛供淵┘譽ト改)


ムフフ・・・
3匹目 6月 40僉.競薛供淵┘譽ト改)


4匹目 6月 46僉.競薛供淵┘譽ト改)


5匹目 6月 22僉.競薛供淵┘譽ト改)
ムフフ・・・


6匹目 7月 31僉.Ε鵐競蕁淵┘譽ト改)


7匹目 7月 33僉.Ε鵐競蕁淵┘譽ト改)

ムフフ・・・

8匹目 ムフフ・・・ムフッ・ム・・ムムム・ムッフーーーー
あれーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?

正直、今シーズンから投入したヘドンルアーの快進撃があったので、今シーズンは遂にいったでしょう!と思っていたのですが・・・マジか!?
「ムフフ・・・」と言って浮かれてたのが恥ずかしいわ!!

ってなわけで、今シーズンも四大目標全て不達成という不甲斐ない結果に(汗)
っていうか、ヘドンルアー投入していなかったら一体どんな結果になっていたのか、想像しただけで吐きそうです。

と、まあ、今シーズンも相変わらずな僕らしい釣らなさっぷりを披露したわけですが、こんな釣らない釣りブログにお付き合いいただいている皆さん、今年も訪問、またコメントを頂きありがとうございました。
更新回数がかなり減って来ていますが、それでも本ブログを止めようとは微塵も思っていませんので、今後もどうぞ宜しくお願い致します。
では皆さん、来年も良いお年を!!
そして良いトップウォーターライフを!!
12345>|next>>
pagetop