October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

無双モード突入

いつの間にやら、すっかり秋ですね。

さて、今回も例のごとく約三週間前の話です。
前回の釣行で自己記録を更新して、興奮冷めやらぬ僕。
更に記録を更新してやろうか!という意気込みもありますが、今回向った先は『北関東メジャーリバー上流域』。
というのも、記録更新を狙える『デルデカ』は釣り場としては単調で、それ程面白い場所ではないんですよね〜。
一方、『北関東メジャーリバー上流域』は変化に富んだ様々なエリアがあり、「ここはこのルアーで攻めてみよう!」や「このエリアでは早めのアクションで動かしてみよう!」など考えながら釣り進み、それが結果へと繋がる楽しみがあるんです!!
よって、今シーズンのメインフィールドとして足繁く通っているのですが。

この日のスタートは遅めの10:30にプカリ。
そしていつもとは違いグラスロッドを携えての釣行です。
その理由とは!?・・・ただ何となくそんな気分だったから。
そんな気分がもたらした結果とはいかに?

はい、結果から言えば失敗だよね。
当然ですが、まず重い!
2時間も振っていると、腕が痛くなってきて、流れのあるエリアでのパドリングがキツイキツイ。
それに流れのあるエリアでは手返しよく投げられないし、流れに負けないようなアクションをつけ辛い!
まあ全て、やる前から何となく解ってはいたことですが・・・

ただし、川スモのアグレッシブな引きを堪能するという意味では素晴らしい結果でしたよ!
・・・ええ、もちろん釣りましたから!!
僕を誰だと思っているんですか?
今、日本で264番目に『釣る男』と言われているとかいないとか!?





オリザラ・エレクト改 37

この日はこの他にも、秋爆と言っていい怒涛の6バイト!
しかしグラス故なのか、フッキングが甘いようで載せられない!もしくは乗せてもすぐバレてしまう!という結果に。
数字に表すと6バイト1フィッシュ3バラシ。

しかし今シーズンの僕ホント良く釣るわ〜!!
もしかしてZONEに入ってる!?

奇跡は繰り返される

前回の記事にあげた釣行から2日後、今回も空いた時間での夕まずめ2時間勝負。
今回の向った先は、久しぶりの『デルデカ』。
ここ最近は、行けば何かしらの反応がある『北関東メジャーリバー上流域』へせっせと通っていたのですが、サイズが伸びないのが唯一の不満点。
それならばと、今回は一発狙いでこちらを選択。
ちなみに、このブログを読んでいる方の中には「デルデカでも釣りまくっているじゃん!?」とお思いの方もいるかもしれませんが、実際は行っても何もなかったときの釣行は記事にしていないだけであり、特に今シーズンは結構厳しい状況でもあります。
さて今回はどうなることでしょう?・・・って、記事にしてる時点で何かあったってことでしょう!(笑)

まずは前々回のデルデカで奇跡を起こした『オロロFB』で一周目。
奇跡を起こしたあのポイントにやってまいりました。
慎重に慎重にキャストすると、ナイスキャストが決まり、ルアーの下に忍び寄る影を確認!
「もらった!」と1アクション目・・・ここではまだ。
「いただき!」と2アクション目・・・ここでもまだ。
「ここですか?」と3アクション目・・・まだまだお預け。
「出ちゃっていいよ!」と4アクション目っていうか巻き始めると・・・さよーならーorz

2投目も考えましたが、ルアーが合っていないのだろうと考え、場を休ませてルアーチェンジした2周目で勝負することに。
で、ルアーを前回のデルデカでプチ奇跡を起こした『ビッグランジ』へと取り換えて二周目。
まずは半周程周ったところにある流れ込みポイントで、バイト!
・・・も、乗らず。
しかし、これでルアーがマッチしてるであろうと判断し、期待が高まってきました。
そして遂にあのポイントへ!
キャストも決まり、スローにテロテロ巻いてくると・・・先程のバスが後を追ってきたのを確認!!
「いつだ」「いつだ」「いつだ」とこちらの逸る気持ちとは裏腹に、一向にバイトする様子もなくUターン。
ならばと、二投目は変化を加えてストップ&ゴーで誘ってみるも、またしても様子見でUターン。
う〜ん、ルアーチェンジしての3周目勝負だな!

とは言ったものの、何へ取り換えるか悩んだ結果、いっそのこと全く異なるタイプへと変えてみることに!
先のルアー二種がアピール弱めのタイプだったので、アピール強めの『バスカーフ(スウィーピーモデル)』をチョイス。
で、おそらく本日最後の戦いとなるであろう地へと三たび到着。
今回もキャストはバッチリ決まり、ホッと一息ついてからの1アクション目!!・・・2アクション目!!・・・3アクション目!!・・・
チ―――ン。
気を取り直して二投目も投げましたが、やはり全く反応なし。
さすがにスレちゃっていたかな?
がっくり肩を落とし、エントリーポイントまでの間を心ここに有らずの状態で投げていると・・・

ガボンっ!!

まさかの全くノーマークのエリアで、目が覚める猛バイト!!
ビックリ合わせだったので、追い合わせも二度ほど入れてバトルスタート。
・・・実は、かなりテンパっていたので、バトル中の記憶はほとんどないんですよね。てへ
ただカヤック際まで寄せてきて、はっきり魚体を確認したときに「これは絶対に逃してはいけない一尾だ」と思ったことはハッキリ覚えています。
そこからは寄せてはノサれてを数回繰り返すも、慎重に慎重にやり取りし、ようやくネットイン。

「ううぉーーー」
ええ、当然叫びましたよ!(笑)





まさかまさかの自己記録更新の51僉
この池ならではの、プリッップリの極エロバス!
奇跡が再び起きました。
もうね、完全に調子乗っているから言っちゃいます!
「奇跡ってのはね、自分で掴み取るものだよ。」

仕事が早いと褒められました!

ようやく、夏の猛暑も鳴りを潜め、秋らしい落ち着いた気候に釣り欲も急上昇してきたこの頃。
注)といっても、今回も2週間ほど前の話ですが(笑)
駆け出しのビルダーさんより、とあるルアーを託されました。



トミー・ハンドメイド・ルアーズ『ロビン』

相変わらず丁寧かつ美しい作り込み!
製作者の几帳面さがルアーに現れていますね。

こんなんサプライズで届いた日には、居ても立っても居られず行っちゃうよね!
そんな訳で、届いた2日後には浮いていました。
仕事の合間を縫っての3時間勝負!
13:30スタートという厳しい条件ですが、レッツ・スタート。
ちなみに釣り場は、ここ最近足繁く通う『北関東メジャーリバー上流域』。

え〜とね、もう結果から言っちゃう。
これが世に聞く『秋爆』ってやつなのかというラッシュを体験!!
8バイト2フィッシュ3バラシ
もう休む暇もありませんでしたよ。テヘ





トミー・ハンドメイド・ルアーズ『ロビン』35





Y−STYLE×レス・イズ・モア『レスカーフ』36

こうやって見比べると、スモールってアスリートって魚体してますよね。
同じサイズでも引きが全然違いましたよ!

いや〜しかし本当にあるんですね『秋爆』!
てっきり『秋爆』なんてものは釣具業界の策略かと思っていましたよ(笑)。
釣果報告をしたトミーさんからも「仕事が早い!」とお褒めの言葉も頂きましたし、ますますトップが好きになった釣行でした。

欲深い生き物でした。

今回は、ここ最近のチョイ釣り釣行記(といっても、相変わらず一か月ほど前になるんですが)をまとめて更新。

まずは8月15日から。
AM4:30スタート


(僕には珍しく、ナイスな一枚が撮れました。)

ここ最近頻繁に足を運んでいる、北関東メジャーリバーの上流域エリア。
前回ここで手痛いラインブレークに遭っているので、その借りを返してもらいにリベンジ戦です。

すると開始間もなくに目が覚めるようなナイスバイトが!
そして、川バスならではの強い引き!!
いきなりリベンジ達成か!?



はい、川バスではなく川生爺。
まあ、そんな上手く話は進まないよね。

その後はひたすら忍耐の時が続き、朝マズメのプライムタイムは終了。
そして強い日差しが次第に降り注ぎ始めました。
完全に陽が昇り体力を奪われ始めた僕は、「今日のところはこれで勘弁してやるか!?」と撤収を意識しました。
すると、ここからまさかのフィーバータイムがスタート。
7:30から8:30までの1時間の間に4バイト!
しかし獲れたのは1尾だけだったのですが・・・



ブランクルアーズ『ディッガー』32

しかし何?朝マズメから来る必要あるの?
思い返せば前回ラインブレイクしたバイトも陽が昇ってからだったよな。
なんともモヤモヤする朝マズメ釣行でした。

続いて8月18日の15:00スタート。
前回、陽が昇ってから好調だったことから、じゃあ真っ昼間ならどうなんだ?を検証に。

はい、読みが当たっての、結果から言いますと5バイト2フィッシュ2バラシ!





釣れた2尾はどちらも30弱。
バラシた2尾もおそらく同サイズ。
更に言えば、乗らなかった1尾も同サイズだったでしょう。

人間とは何とも欲深いもので、釣れたら釣れたで「でもサイズがな〜・・・」と不満を漏らす生き物です。

人生初のひと夏の体験

さてさて、今回も1ヶ月以上前の話です。(汗)

梅雨入り間もなくの、3日間程雨が続いたあとの夕まずめ。
プカリと浮いたのは、今季初のデルデカ。
デルデカと言えば、昨年から低水位が続きまともに釣りが出来ない状態(水位約40儖漫砲続いていたのですが、3日間降り続いた雨のおかげで水位も上がったであろうとアタック。
読み通り水位は約30UPしていたので良かったのですが、水質が予想以上のド茶濁り!
どうしたものか?とも思いましたが、既に16時も回っていたし、こういう状態での状況確認もしておきたかったので、浮いてみることに。

まずスタートはレコード『F5』から。
というのも、デルデカの当たりルアーがモゾモゾ系ですので、実はこの『F5』デルデカでの活躍を見越して購入したルアーであったのです。
すると、開始約10投目でいきなりのバイト!!
落ちパクだったので、読み通りF5が当たりルアーだったのかは微妙ですが、結果オーライ!
引きの強さから、サイズもそこそこあるなと慎重に寄せてくると、見えた魚体は・・・「デカい!!」と思った瞬間でした。
反転した瞬間にフックオフ!
「ええ〜!」
あきらかに40UPはあるであろうサイズ感だっただけにショックは大きかったのですが、まだ始まったばかりだから次があるでしょう!と気を取り直し再開。

すると、10m程釣り進んだところで再びバイト!
今回は着水後の首振り2アクション目でした。

「ガヴォッ」

なかなかのナイスバイトだったのですが、上がってきた魚体はナイスサイズにはほど遠い目測25僉



ここまでの結果で、濁ってはいるが状況は悪くない!ということと、F5への反応も悪くない!ということがわかり、意気揚々と釣り進んでいくと・・・さっきまでが嘘のように無反応。
更にはF5を石にぶつけてしまい、肛門裂傷により途中退場という事態まで。
そこで2周目は、モゾモゾ系ではあるがF5とはタイプが違ったルアーということで『オロロFB』をチョイス。
結果から言いますと、こやつが奇跡を起こします。

先程1周目にナイスサイズをバラしたポイントへ到着。
さっきあれだけ騒がしくしたからここはないかな?と思いながらルアーをキャスト。
着水後、しばし間を置いてからの1アクション目、ルアーが静かに水中へと飲み込まれました!
合わせを入れると・・・手応えが無い。
バイトの感じといい、子バスだったのかな?と思っていると、次の瞬間に強烈な引きが!
そう、実はバスが僕の方向へ走っていたのでした。
よって、いきなり舟縁での超接近戦。
しかも見えた魚体は自分が今まで見てきたどんなバスよりもあきらかにデカい!!

しかし、この時の僕は落ち着いていました。
というのも前々々回の記事で書きましたが、先日ネットを忘れたことによって、50UPあったであろうビッグワンをルアーごと取り逃がすという大失態を犯していたので、この日は忘れずにネット準備していましたから。
ネットを準備していましたから・・・
ネットを準備・・・
ネット・・・
・・・ネットが無い?ええー!!

先程子バスを釣った時にはあったのです。
寄せてきたときにネットの準備しましたから!
しかし、魚体を見たときにネットはいらないか!とカヤック後方のネット置き場にサッと戻したんです。
・・・あっ そういうことか〜!!
サッと戻したので、途中でズリ落としたようです。orz

もうここからはテンパり中のテンパり無双状態。(笑)
どうする?
どうする?
どうする?
どぅえ〜い!!
で、ハンドランディングを結構!
そして無事キャッチ。



ドーン!!(ちなみに、ルアーは手に刺さりそうだったので、一度外してからぶら下げてます)
やってやったてばよ〜!
ええ、この時点で既に確信していましたよ。
オレ、時代を変えちまったってね!てへ



人生初の50UP(正確には50ジャスト)!
肝心のメジャーがボケているという疑惑付きですが何か問題でも?
しかも何が嬉しいって、オロロBMビッグの仇をオロロFBが取ってくれたという奇跡。
奇跡というか、これはもう必然、初めから決まっていた筋書きだったのかも!!
ってなわけで、この歳にして人生初のひと夏の体験しちゃいました。
12345>|next>>
pagetop