June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

麺童 豊香(ほうか)

今日からしばらくは溜まっているラーメンネタをコツコツ更新していく予定。
何せこちらのお店も最後に訪問したのは去年の11月の話だということは、ここだけの・・・

はい、今回ご紹介するのは小山市の『豊香』さん。
僕の小山市のラーメン店のなかで一番のお気に入り店です・・・いや、正確には「でした」ですね。(去年の春くらいまでは)
というのも、去年の春くらいを境にスープの油分が変わった気がするんですよね〜


淡麗中華そば 醤油 730円

栃木市の名店HOMEさんと同じく『麒麟児』さんで修業されたらしく、そのスッキリと澄んだ中に鶏の旨味が凝縮されたスープはまさにHOMEさんに引けを取らない絶品スープでした。
その味が、行列に並ばずに、気軽に食べに行けたという点で一番のお気に入りでした。
しかし、その行列が出来ないことに焦ったんですかネ?
前々回に訪問した際は、鶏の油が表面にたっぷりと浮かび、醤油分も濃くなり、あの澄んだ絶品スープが・・・
流行りのこってり系を多少意識してしまったんでしょうか?
それともたまたま、もしくは自分の舌がバカだっただけ?
とにかくがっかりして、しばらく離れていました。
で、半年ほどインターバルを空け、再び訪問すると出てきたのが画像のようなラーメンです。(画像はその後再度訪れた際のもの)
一時のテカテカ表面の油分はだいぶ抑えられた感じですが、一番良かったころのスープと比べると・・・醤油もまだ濃く感じますが、それでも美味い!
ハッキリ言ってこれでも充分美味いんですよ!
でも、あの頃のはもっと美味かったんですよね〜
それとも思い出を美化しすぎなのかな〜?

中毒指数☆☆☆★星3つ半(ちなみにピーク時のときのは星4つは堅いかな)

またそのうち様子を見に行ってみましょう。

ラーメン餃子 新新

どーもー 久しぶりに二郎系ラーメンが無性に食べたくなり、いざ食べてみると7、8口目には「もう無理!」と思ってしまった僕です。
いや〜半年以上(1年近く?)のブランクが空くと、体が受け付けなくなるんですね。(それとも歳か!?)
半分近く残しちゃいました。

はい、そんな訳で今回はラーメンネタ。

今回ご紹介するのは下野市にある『新新』。
僕がここ最近もっとも訪問しているお店です。
というのもこのお店、うちの近くなんですよね〜。

で、おススメがこちら↓



マーボーラーメン680円+餃子3ヶ250円

どうです、このビジュアル!?
ただの素(具無し)ラーメンにマーボー豆腐をかけただけという潔さ(笑)。
ところがどうして、何とも言えぬ絶妙なマッチング具合に箸が止まりません。
シンプル故の奥深さとでも言いましょうか、とにかく一度食べてくれれば解るさ!!
あとこのお店、餃子をウリにしているので、こちらも是非食べてもらいたい。
手作りのモチモチ皮に包まれたジューシーな餡。
思い出しただけでヨダレが・・・

中毒指数☆☆☆★星3つ半

画像から気付いた方もいるでしょうが、このお店、はやりのラーメン屋ってわけではありません。
ちょっと小汚い?くらいの昔ながらのラーメン屋です。(実際には店内きれいにされてますよ)
何て言うのかな〜一周回って美味い!ってやつですか?
進化系ラーメンを食べ歩き、結局最後にはまたここに帰ってくるといった味かな?

麺堂HOME その2

ここ最近、怒涛の更新をみせているラーメンネタを本日もUP。

今回のお店は、前回の釣りの帰りに行った『麺堂HOME』さんをピックアップ。
こちらのお店、以前にも書かせてもらっていますが、確かその時はまだ現在のお店へ移転前だったと思います。
その後移転となった訳ですが、実はかなりの頻度で訪問させてもらっております。
というのも、嫁ちゃん・子供たちの大のお気に入りで、ラーメン食べ行こうかと話になると「じゃあホームで!」と必ず返事が返ってきます。
結果、月に2回弱程度の頻度で通っております。

あまりの頻度で訪問してるため、何となーく記事にも挙げてなかったのですが、今回は久しぶりの夜訪問ということもあり、また最近ハマっているあっさり系の紹介をしていなかったので、ピックアップとなりました。



鶏淡麗ら〜めん しょうゆ 700円 + 全部のせトッピング 250円

何が美味いって、まずプースーが極の上で、飲み干すまで止まらない美味さ!!(実際は健康面を気にするオジサンですので、必死に我慢して半分は残すようにしていますが・・・笑)
鶏の美味さを最大限まで引き出した美味さと言っても過言ではない仕上がりでしょう。
そしてトッピング、一切抜かりなし盤石の構え!
麺、プリッパツッっと食感の良い極細麺!
ガッツリ濃厚系の極太麺を好んで食べていた時期は、この麺があまり好みではなかったのですが、最近ではこれはこれでアリだなと心変わりも。
でも個人的にはもうちょっとヤワ麺が好みかな?
リクエストすれば対応してくれるのでしょうか?次行ったときに試してみましょう。

中毒指数☆☆☆☆星4つ

ホントに高次元で完成されているラーメンだと思います。
その証拠に、いくら食べても全く飽きないどころか、毎回「美味いな〜」と感動してしまうぐらいです。

因みに嫁ちゃんは、毎回鶏淡麗ら〜めん 塩の全部のせトッピングを食していますが、「これより美味しい塩ラーメンは食べたことが無い」と言っております。 

東京駅 斑鳩

さあ今回もラーメンネタで暑い夏に逆らって行きますよ!!

今回ご紹介するのは、前回の予告通りこちら↓



東京駅地下街の東京ラーメンストリートに名を連ねる『東京駅 斑鳩』さん。
12:30位のゴールデンタイムの訪問でしたが、外待ち10人程度でしたので30分程の待ちで店内へ。



東京駅らー麺 1000円

メニューのビジュアルと変わりないものが出てきて、まずは一安心(笑)。
で早速スープを一口・・・美味い!!
豚骨魚介の少しトロミがかったスープは見た目のとおり濃厚なんですが、後味は思いのほかスッキリしておりグイグイ飲めちゃう系ですね。
そしてこの極上スープが中細麺に程良く絡み・・・あとは御想像にお任せします。
トッピングのメンマ、チャーシュー、煮卵にも一切の妥協は無く、全てがハイレベル。
大満足の一杯でした。

中毒指数☆☆☆☆星4つ

ホント満足の一杯だったのですが、出来れば1000円は切って欲しいな〜ってのが庶民の本音です。

六厘舎

いや〜久―――しぶりのラーメンネタです。

前回の記事にも書きましたが、遂に初訪問してきました。
つけ麺界の名店『六厘舎』さんへ。
と言っても、本店ではなく東京駅地下街の東京ラーメンストリート店ですが。

厳しい並びを予想して、昼の部スタート11:00の1時間前に行こうかなと当初思っていたのですが、並ぶのが大嫌いな僕はやっぱり「もうちょっと遅くてもいいか(テヘッ)」と40分前に到着。
するとそこには驚愕の光景が!!

「あれっ 一人しか並んでない・・・」
まさかの肩透かしに、これはラッキーなのか?それとも・・・
それでも開店時には30〜40人程度の行列になっていたかな。



この日いただいたのは、味玉つけ麺 930円 ↑

いや〜美味いっす!
ええ、マジ美味いっす!!
実は最近、歳のせいかガッツリ系や濃厚系はスルーしていたので、久しぶりに食べるにあたり体が受け付けないかも?という不安が多少あったのですが、ペロリと食べちゃいました。
・・・でもね〜やはり期待が大き過ぎたのか、このレベルなら栃木でも食べられるな〜と感じたのが本音です。

中毒指数☆☆☆★星3つ半

あともう一つガッカリした点が、メニューと実物のビジュアルの差があり過ぎ!!
こんな有名店でも、ここまであからさまなことしてくるんだ・・・
12345>|next>>
pagetop