October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

竿を交える 2017初夏 前編

いや〜ここ最近のネット上を賑わす釣果報告、すごいっすね〜!
今ならウチ達でも釣れるんじゃね!?ってなことで行ってきました。
いつもの相方と。



D・D・Brothersのジジイの方(笑)こと源造さん。
今期ここまでの二人の釣果、合わせて1匹というダメダメっぷりを充分に発揮している二人ですが、片道2時間かけてやってきたこの場所。
つ・・・釣れるよね!?

期待と不安の入り混じる中、スタートフィッシング。
朝の良い時間帯にサクッと釣って、美味しいラーメンを食べて帰るプランだったのですが・・・え〜と、出船時(5時チョイ過ぎ)には既に太陽が燦々と。
今の時期ですと、4時にはもう結構明るいんですね。
ハイ、そんな訳でいきなり外した感がありますが、こんな時にこそ事件は起きるのです!

「うわ〜!!!!!」
ついに出ました、出しちゃいました!余裕の50UP。
しかも来たのは僕の方!!
そう、既に源造さんのブログを読んだ方はお判りでしょうが、推定55と言ったところのナイスサイズのボラが僕の足元でピチピチと!
実は僕、ボラアタックの瞬間を全く気付いていなかったので、目の前にある状況を理解するのに3秒ほどフリーズしてしまいました。
その後、あわててネットでボラを掬い放した時には、時すでに遅し!
僕の荷物と言う荷物が全てクッッッサイ、ローションまみれに・・・orz
って言うか、こんな事態になってしまったのなら、せめてボラの写真撮っておくんだった。

これで、いきなりやる気を削がれた訳ですが、逆にこれで釣らなければ一体何しに来たのか判らないと言うことで、気を取り直してキャスト・キャスト・キャスト!
キャスト・キャスト・キャスト!!
キャスト・キャスト・キャスト!!!
キャスト・キャスト・キャス・・・キャ・・・もう、ダメかもしれない。
途中すれ違ったトッパーさんから「1本釣れたけど、陽が上ってからは反応無い」という残念な報告まで。

ここまで約四時間、全くの無反応プラス既に太陽はギラギラと照り付け体力を消耗してきている二人。
ええ、ほぼほぼ諦めていましたよ。
出船場所まであとわずかというところまで戻って来たときでした。

「ガヴォン!」

源造さんのルアーが水中へと!!
すかさず源造さんが合わせを・・・合わせを・・・合わせを・・・「入れないのか〜い!」
よくトップの釣りは、ルアーが水中に消えてから一呼吸置いて合わせを入れると良いなんて話を聞きますが、この時のニイサン、三呼吸は間を空けたんじゃないかな!?
もしかして、これがジジイのテクですか!?(笑)
まあ、本人もまさか出るとは思ってなかったんだろうね。
しかしこの三呼吸の間が良かったのか、しっかりとバスを乗せてからはジジイの老練なテクで危うくなくキャッチ。



41
やるね〜ニイサン!

と、ここまで書いてきましたがドラマはまだまだ続くので、続きはまた後日。
See you next time.
バイバイ

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop