June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

北関東スタイル釣行

先日の日曜日、シトシト雨が降る絶好の釣り日和に居ても立っても居られず、今シーズン初のカヤック単独釣行へと行ってきました。
居ても立っても居られなくなった理由には、インスタに日々上がってくる釣果報告を目の当たりにしていたら「オレでも釣れんじゃね?」と思わされたのも大きな理由ですね。

所要の為、朝まずめは逃したものの、ローライトなコンディションですからチャンスはまだまだあるでしょう!?と意気揚々と向った先は『BIG・Pond』。
本来だったら、今季好調とのウワサが絶たないB沼(ま〜個人的にはここで釣れたことないんですけどね)へアタックしたいところなんですが、先ほども言ったように朝一から行けないので、おそらく普段から釣り人密度の濃いB沼は入り込む余地が無いかなと切り捨て、一目散にBIG・Pondへ。
7:45現地着。



あれ?
B沼程ではないにしろ、こちらも人気の場所であるのに、先行者カヤック1名のみ。
果たしてこれは幸運の兆しなのか?それとも・・・

先行者は池の真反対に浮いておりライバルはほぼ皆無という状況ですので、エントリーポイントから丁寧に丁寧にじっくりと攻めていきます。
ペンシル、ポッパー、スイッシャーと手を変え品を変え攻めていくと・・・はい、何事も無く一周終了。

実はこの池、以前にも書きましたが、ここ数年夏場になるとヒシが大繁殖して、酸欠による魚類の大量死が起こっていました。
その影響で池のコンディション(魚の密度)が回復していないのかな?
だから釣り人も激減しているのだろうと考えると、ここで二週目に突入するのは悪策だなと考え移動を決意。

ならばと、移動先に据えたのは『デルデカ』。
行けば何かしらの反応はあるし、今季の状態を早めに確認しておきたいので!

・・・あれ?あんな良さそうなエリアがこんなところにあったんだ!!
デルデカに向かう途中に、某メジャー河川の雰囲気の良いエリアを発見してしまい寄り道していくことに。



まさにカヤック向けなエリアで、雰囲気も申し分ない!
ただし、この時期だけ堰を止めて出来るエリアのようなので、一体どれほどのバスがいるのかは不安要素が残るところである。

オーバーハングエリア、竹エリア、テトラエリア、土壁エリア、流れの当たるエリア、反転流エリアと河川ならではの変化の多さに期待も膨らみ、黙々と打ち続けました。
ペンシル、ポッパー、スイッシャーと手を変え品を変え攻めていくと・・・はい、何事も無く一通り終了。

初場所でこのまま粘るのは悪策だなと考え移動を決意。
おとなしく『デルデカ』へ向かうことに。
すると、自分が釣りをしていたところより下流側に一人のバサーを発見。
ここの情報を得ようと話しかけてみると、以下のような貴重な情報をゲット。
.丱垢呂い襦ただしサイズには期待できない。
魚影も薄く地元でもバサーには人気のないエリアである。
8颪竜影は濃く、もう少し暖かくなると鯉師で一杯になる。
なるほど〜状況を見ながらあと2,3回は来てみますか!

で、昼飯抜きで3ラン目『デルデカ』14:20スタート。



・・・スンッ
あっ ルアーが無い・・・って、マジか!?
あわてて合わせを入れるも、全く重みも感じず「やっちまった〜」。
開始3投目の出来事で、完全に油断しておりました。
油断していたのにはこんな理由も。
実はこの日の水位約30僉
パドルをいつも通りに漕ぐと湖底?池底?水たまり底?に着いてしまう状態だったので、完全諦め状態だったのです。
そんな精神状態時に反応出来る訳も無く・・・

しかしこの日初の魚からの反応に、俄然やる気は回復!
過去、反応があったエリアを重点的に攻めていきます。
ペンシル、ポッパー、スイッシャーと手を変え品を変え攻めていくと・・・まさかの先程バイトのあった全く同じ場所で猛烈バイト。
今度はバッチリ反応して合わせを入れると・・・乗ったー!!と重みを感じた次の瞬間に、フッ・・・
「ぎゃあああー」
ええ、マジで生まれたとき以来に「ぎゃあああー」と叫んでいましたよ。
これにはさすがに立ち直れず、ゲームオーバー。

しかしどうしてこうも僕だけこんなに釣れないのだろう?
そういう星の下に生まれてしまった定めなのか?
とりあえず、フィールド状況が悪いと言っておきますか!
フィールドのせいにすればOK的な北関東スタイルから早く卒業したいものです。



本日の釣果
2バイト0フィッシュ1バイブレーション
※インスタのほうでは1メタルバイブと記載しましたが、よくよく確認したらプラだった(笑)
まあ、それぐらいバラして動揺していたんでしょうね。

スポンサーサイト

comments

逃がした魚はなんとやらですかねぇ

  • べんぞう
  • 2018/04/18 6:28 PM

いや、サイズはそんなに期待できる感じでは・・・(汗)

  • エレクト
  • 2018/04/21 7:54 AM
   

trackback

pagetop