June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

132日

どうです皆さん、行きましたか?
台風前のXデイがあるんじゃなかろうかと、釣り人はさぞソワソワしたことでしょう。
僕も都合が付けば!と企んではいたのですが、日曜日は子供たちの付き添いでまた東京へと行かなければならなかったので、土曜日の仕事上がりに久しぶりに一時間勝負へと行ってきました。

最近は「どーせ釣れないしな〜」と短時間勝負はめんどくさくなってしまい、足が遠のいていたのですが、今回ばかりはXデイかもと意気揚々に出発。
向かった先は『GRO』。

「ぴゃ〜!!」
考えることは皆同じようで、過去今までにないぐらいの人・人・人!
しかも今までの実績ポイントや、いかにもといったポイントには2、3人が入っており動く気配も無し!
しかもしかも当然ながら自分以外はメンターさんのみで、あの手この手で攻めている様子。
・・・こりゃあ終わったな・・・

しかし来た以上は何もせず帰るなどという選択は無く、メンターさんの間を縫うように空いているスペースをWスイッシャーでテンポよく撃っていくことに。



釣れた!!
132日ぶりのバスが釣れました!ニマッ(^O^)/
サイズは35あるかといったところかな。

この日は図らずもWスイッシャーただ巻きが正解だったようで、この他にも2バイトあったのですが、おそらくここのアベレージクラス(30前後)らしく乗らなかった。
でも一時間ちょっとの間に3バイト1フィッシュは上出来!
プチXデイを堪能させてもらいました。

・・・と、本来だったらここで終わる話だったのですが、ここから急転直下の思いもしなかったまさかの結末へ!!
果たしてエレクトを待ち受けるのは一体!?
次回更新をお楽しみに!!
To be continued

竿を交える 2016仲夏

前回の悔しい敗退を払拭すべく、今回もこの人におねだりし、わずかな時間を見つけて行ってきました。



向かった先は、源造シークレットポイント『出たらデカいよ池』。
2015仲春に連れてきてもらったところです。

・・・まあ、今回も安定の「出ないんだけれどね!」
ってヤバいよね〜今シーズンはぶっちぎりにドイヒーな釣果だわ。
シーズンも折り返し地点を迎えようと言うこの時期に、この釣果数。
何やってんだオレ!
そりゃあ家族にも「ホントに釣りにいってるの?あやしい〜」と疑われても仕方ないわ(笑)

竿を交える 2016仲夏

いよいよハイシーズンへと突入した今シーズン。
ウェブ上を賑わす、そっちこっちからの釣果報告に居ても立ってもいられず、どうにか都合を遣り繰りして行ってきました。

今回のお相手はこの方↓



一面のアオコに我を失う源造さん↑

前回爆風のため、まともに釣りを出来なかった東日本のマザーレイクへ再戦に行ったのですが、一面のアオコに戦う前に気持ちが折れました。
・・・なんて、草食男子のような弱気な発言はしませんよ、オジサン達は!!
「上流へ行けば、きっとアオコも消えていて、逆にポイントが絞れてウハウハでしょう!!」と目を輝かせ上へ上へ。

するとそこに広がる光景は・・・「桃源郷やん♡」
さっきまでの真緑の水とはうって変わり、フッレッシュ感漂う泥水が期待感を高めます。
「ちゃっちゃと2本ずつ釣って、暑くなる前に上がりましょう。」
この時点で本日の勝利は確信へと近づきました。
そして、遂にその時は訪れました!!

・・・チ〜ン
え〜っと、全く何にも起きないんですが・・・
いつもの1.5倍増しでキャストしたのですが、何で?
プラス思考のオジサン達も、さすがにこれ以上上って行ってもどうなの?と弱気を見せ、場所移動を決意。
前回の釣行で、やはり場所移動して結果を出せたクリアー池へ向かうことに。

クリアー池に着くと先行のボート1艇とフローターが1艇いるのを確認して、僕たちは昼寝してからスタートすることに。
1.5時間ほどで目を覚ますと、先行のフローターさんがちょうど片付けを始めるところでした。
どんな感じだったのか話しかけると、7本揚げたとのこと。(スモラバですが)
これにはテンション上がりましたね!
「場所移動正解でしょう!!」と。

・・・チ〜ン
え〜っと、全く何にも起きないんですが・・・
いつもの1.2倍増しでキャストしたのですが、何で?

あれ、もしかしてハイシーズン詐欺にでも引っ掛かってる、オレ?

竿を交える 2016初夏

どもども、ご無沙汰しております。
いや〜1ヶ月ぶりの更新になっちゃいましたね。
言い訳をすると、珍しくこの時期に仕事が重なって・・・
って、釣りに行く時間があるんだから、ブログの更新ぐらい出来た筈なんですが・・・

はい、そんな訳で釣りに行ってきました。
お相手は今シーズン初ランデブーとなります『キャストの鬼』もとい、ゆうさん。



お相手がゆうさんってことは、もちらん漁場は北関東激流リバー!
この日は水位も低く、ゆうさんのマル秘ポイントまでたどり着けないのでは?と密かに心配していたのですが、『キャストの鬼』の他に『激流の天才F1ドライバー』の異名も持つゆうさんには要らぬ心配でした!!
シートポジションを移動して船体のバランスを変化させながら、迫りくる難所をものともせず、無事マル秘ポイントへ到着。

早速釣りを開始するとすぐ、いきなりの事件発生!
「ボッカ―――ン!!」っと猛烈バイトが・・・ってなれば良かったんですが、まさかのエレキにトラブルが!!
ゆうさんが色々とバラしてはみたのですが、エレキの機嫌が直ることはなく、そのまま強制終了・・・

まあ、こればっかりはしょうがないよね。
ゆうさん、エレキが復活した際には是非、また宜しくお願いします。

そうそう、帰り道で公道を爆走する『マリオカート』を見ました。

GW物語

終わっちゃいましたね、GW。
今年も工場系の仕事は特に入らなかったので、暦通りの赤い日には休みが取れました。
ので、連休恒例の早朝特訓を発動しました。

<DAY1>5月1日
AM3:30起床
AM4:45到着
・・・も、予想だにしなかった光景が!
なんと先行者がフローター3名、カヤック3艇、ボート2艇に加え、準備中のボートが更に1艇。
カヤックで半日で1周で来てしまう規模の野池で、この過密ぶり。
とてもここに割って入る気にはなれず、池の様子を見てから移動することを決意。
車を降り、池の様子を確認すると、「水ワル〜」。
表面に膜を張ったような感じで泡立っている状態。
なのに、この人気ぶり・・・オープン戦が相当に良かったのかな!?
ちなみに、桜の綺麗なあの池です。

ここがダメならあの池へと、すぐさま移動。
あっちがあの様子だったので、こっちも厳しいかなとは思ったのですが、まさかまさかの先行者カヤック1艇のみ。
しかも水の状態もかなり良い!
嬉しい出来事ではあるのですが、反面、それだけこっちは調子悪いのかと疑ってしまいますね。
でもまあ、やってみなければ判らないとスタートフィッシング。



早朝のしんと静まり返った水面を、ペンシルが優雅に泳ぎ探っていきます。

・・・探っていきます。

・・・探っていきます。

・・・探っていきます。

・・・探って「何にもねー!!オラこんな村いやだ〜」

スイッシャー、ポッパー、ジョイントと手を変え品を変え攻めてみましたが、静かな水面が荒れることは一度も無く、ゲームオーバー。
9時までには帰る予定だったので、7:45にストップフィッシングとなりました。
ちなみに僕の後、フローター3名やってきたのですが、先行カヤック艇共に釣れている様子はなかったな〜
やっぱり調子悪いのかな〜この池。

<DAY2>5月3日
AM3:30目覚まし止めて二度寝・・・終了。

<DAY23>5月5日
AM3:30目覚まし止めて二度寝・・・終了。

終わっちまったな〜GW。
そんな訳で、消化不良のままゴールデンな日々が過ぎていきました。



ちなみに、こんな感じのルアーセレクトにて行ってきました。
やっぱり顔が見える(作り手の思いが解る)ルアーで釣りたいという思いから、ブロ友メンバーのルアーをメインに、使い処が解らないルアーや今一度確認をしたいルアーをチョイス。
新たな気付きもあり、そういった意味では有意義な釣行だったかな。
<<back|<12345678>|next>>
pagetop