December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アンテナ工事 デジタル化

 本日は小山市のS様宅へアンテナ工事へうかがいました。
S様宅ではVHFアンテナでアナログ放送を受信して見ていましたので、デジタル化に伴い今回アンテナ及びブースターの交換工事を承りました。

工事前がこちら



VHFアンテナ撤去後、UHFアンテナの受信方向を決定するため廻りのお宅のアンテナ方向を確認すると、東京向きと宇都宮向きが入り混じっていました。
この地域(国道50号線近辺)は微電界地域(電波の強さを5段階で分けたときの下から2番目になります)であり、アンテナ工事の際は苦労することが多いです。

とりあえず、お隣のお宅に合わせ宇都宮方向へ向けレベルチャッカーで測定すると、平均38dB。
この数値は極微電界地域(5段階の1番下)の値ですので、使い物になりません。
今度は東京方向へ向け測定すると、平均43dB。
まあ、なんとかなる数値を確保できましたので、次にブースターを交換して壁端子で測定すると、それなりの出力が出ていましたので一安心。(分配数が少なかったので助かりました。)
テレビのチャンネル設定変更後、お客様に写りを確認してもらい、工事完了となりました。

工事完了後がこちら



UHFアンテナの形状が矢印→みたいな形をしていますので、よくお客様に→の方向の電波を受信しているの?と聞かれることがあります。
しかし→の逆向きが前になりますので、→の反対方向の電波を受信しています。
写真でいうと、向かって右側からの電波を受信しています。

アナログ放送終了の時期も迫っています。
終了間際は工事も混雑する恐れがありますので、デジタル化がお済でない方は早い対応を。

めん屋 海十

 連日のラーメンネタ更新です。

この前の日曜日、嫁ちゃん・息子・娘で出かけていたため、お昼は一人でした。
雨も降っており肌寒かったのでラーメンを食べに行きました。(まー暑くてもラーメン食べに行ったのでしょうけど。)
12時も過ぎており、この時間から人気店にはちょっとな・・・て感じでしたので、近場の「めん屋 海十」へ足を運んでみることにしました。

このお店オープン当初に2回ほど訪れましたが、感想としましては「はやりの『豚骨濃厚魚介系』ですが、可も無く不可も無く無難にまとめた味」そんな記憶がありました。
またオープン当初という事もあり、接客がイマイチ・・・というかホールを回せていなかった覚えがあります。
ですから、しばらく遠ざかっていたのですが先日、先輩から「あそこの味噌ラーメンが美味しいよ。」と言われた事もあり今回訪問してみました。

到着したのが12時15分位かな?
先客多数でほぼ満席でしたが、1人でしたのでカウンターに座ることが出来ました。



予定通り「煮玉子どろ味噌ラーメン 850円」をいただきました。
こちらの「どろ味噌ラーメン」は限定20食だそうです。
食券を取りに来た店員さんに「生卵のトッピングがサービスになっていますが、お付けしますか?(すき焼き風に生卵につけて食べるそうです)」と訊ねられました。
そんなサービスがあるなら煮玉子なしを選んだのに・・・「生卵なしでいいです。」
あと「もやし大盛りもサービスになっていますが、どうしますか?」と言われ、こちらはもちろん「大盛りで」と答えました。
二郎系まではいかなくとも、こんもり程度のもやしをイメージしていただけに、写真の程度のもやしには「なんかなー・・・」って感じでした。(無料のサービスにケチを付けてもしょうがないのですが)

で、肝心の味のほうはというと・・・「うまーーーい。」
かなり、好みの味です。
先ほどまでのやり取りや見た目(盛り付けや食器にもうちょっとこだわると、それだけで旨さも1割増くらいに感じるかな)からあまり期待していなかっただけに、大満足でした。

中毒度数☆☆☆星3つです。(今後の期待も込めて)
ぜひ、次回は生卵トッピングを食べに来ようと思います。

麺屋 大和

 先週のことですが、また東電へ行く用事ができましたので行く時間を調整し、お気に入り店へ
足を延ばしてきました。
伺ったお店は「麺屋 大和」です。
以前「虹の麺」をご紹介したときに言った「小山三大お気に入り店」のうちの1店舗です。
小山市で一番の人気店でありますので、11時50分までに到着できるときにしか行きません。



この日いただいたのはこちら「熟成つけ麺大盛り(680円大盛りは無料)+煮玉子(100円)」です。

こちらのつけ麺、前回紹介した「つるや」さんと同じく、まさに王道を行く味です。
全てにこだわり、その全てをパーフェクトにまとめ上げた、そんな味です。(「どんな味だよ?」と聞こえてきそうですが、ぜひ食べてみてください。)
また、こちらのお店「コストパフォーマンスに優れたお店である」と紹介されることが良くあります。
確かに大盛り無料はうれしいですね。

と、そこである疑問が浮かびメニューとにらめっこ。
前回、僕がちょっと高いと言った「つるやつけ麺(980円)」と比較しようと思い、「熟成つけ麺」に「煮玉子、チャーシュー」をトッピングすると・・・「980円」
ト・・・トッピングマジック・・・。
いずれにせよ、僕には「北の『つるや』南の『大和』。」です。

中毒度数☆☆☆☆★星4つ半です。
※メンマのボリューム(太さ)が無くなった気がする・・・コスト削減?

終末のフール

 以前、「バイバイ ブラックバード」をご紹介してから一ヶ月程経ちますので、新たな作品をご紹介したいと思います。



伊坂 幸太郎 「終末のフール」です。
こちらの作品も自分的には伊坂作品のなかでも、トップクラスの面白さだと思っています。

「小惑星が落ちて、地球が滅亡する。」と発表された後の世界が舞台となっています。
非現実的な設定でありますが、読んでいると不思議とこの本の中の世界が鮮明に思い浮かべることができ、このへんが「さすが伊坂さんだなー」と思わされます。
短編のストーリーが重なり合い1つのゴールに向かい進んでいくテンポの良さがありますので、とても読みやすい作品になっています。

まー僕がここでゴチャゴチャ言っても、この作品の良さの半分も伝わらないので、ぜひ少しでも気になった方には読んでもらいたいですね。

新規開拓調査業務完了

 新規開拓エリア 通称:生爺川にて黒鱒の生存を確認。


ヒットルアー:アブディール SB

日曜日の朝5:00より調査開始。
開始後わずか30分でのヒット。
サイズこそイマイチでしたがナイスプロポーションな綺麗なバスでした。
これが今シーズンの初バスですので、うれしい一匹です。
余韻に浸りながらもテンション↑↑で再開しましたが、その後は全く何にも無しで7:00に終了。
とりあえず生存確認できたので、サイズUP目指してもうしばらく通ってみます。

再告知
どなたか御一緒してくれる方御座いましたらコメント下さい。お願いします。


*今回の記事とは関係ありませんが、この釣行後息子と近所の公園内にある調整池へ雑魚釣りに行きました。そこで小学校5,6年生程度の男の子2人が、釣ったバスやギルをコンクリートの地面に叩きつけていたのです。息子も「何であんな事をするんだろう?」と言っていました。
栃木県は外来魚のリリース禁止条例があるため、回収ボックスなどが無い場所(というか回収ボックスを見たこともありませんが)ではこのような事をしなければいけないのも事実であります。がこのような子供たちを見て、条例を作った大人たちは何を思うのでしょうか?また何の罪も無い魚たちがこのような殺され方をするなんて・・・。害魚論についてとやかく言うつもりはありませんが、息子があのような光景をまた見るかもしれないと思うと、どうにかならないのかと思います。
<<back|<87888990919293949596>|next>>
pagetop